FC2ブログ

A&A English で講座再開します!

明日から久しぶりに A&A Englishでレッスン再開します!
といっても水曜日の夜8時から2コマのみなのですが、新しい仕事内容になってからまだ数カ月なので、当分は2コマでもいっぱいいっぱいだと思います。

内容は基本的にカスタムメイドです。以前はリスニングのコツをお伝えしたいと思っていましたが、今は自分の興味が『きれいな英文を書く』ことに移っているので、英作文を教えたいなぁと希望があります。

でも、もちろん、基本的には要相談です。

レベルは準1級から1級合格を目指している人を想定したいと思います。

初回1コマはご相談ということで無料で結構です。

ということでお問い合わせお待ちしております!
スポンサーサイト



洋書読書記録

最近、ようやくaudibleでの耳読書が好調に戻ってきました!


Author: Nicolas Sparks
Titel: The Wedding

難しさ: 簡単!
お気に入り度: 3.7 out of 5

Nicolas Sparksは英語で本を読むことになれてない人にお勧めです。今まで読んだどの本も語彙が簡単で文章も平易です。ストーリーの盛り上がりを作るのが上手な作家なので、読み終わったあとに満足感を得やすいです。 今までこの作家で一番好きだったのはMessage in the bottleでした。

この本はそこまでの盛り上がりはなかったのですが、本全体が優しさにあふれているので、耳読書していて心地良かったです。50代の夫婦の話で、結婚記念日を忘れた夫が妻の孤独に気が付いて、そこから1年かけて次の記念日でサプライズをするという、まぁあり得ない話です(笑)。

I OWE YOU ONE (EXP)

Author: Sophie Kinsella
Title: I Owe You One

難しさ: 簡単!
お気に入り度: 4.5 out of 5

Sophie Kinsellaが洋書読みで一番好きです。とくに耳読書に最適です。物語の起承転結がはっきりしてて、またドラマチックなストーリーがどんどん先に進みたくさせます。そして笑いがあるのが好きです。

この本も例外ではなく、聞きながら笑ってしまうシーンがありました。まぁ、もちろん、あり得ないようなストーリーではあるのですが、それが読書の良さだと思います。平々凡々な生活をしている私には、うらやましいと思えるような話が楽しいです!

最近は仕事が忙しくて、休みをとっても仕事に行って1・2時間仕事してから帰ったりしてるのですが、今までで二番目くらいに楽しい仕事なので苦ではありません。しかし、苦しいこともあって、昨日は気分転換に『翔んで埼玉』を友達と見に行きました。邦画を見るのは30年ぶりくらいでした!まぁクダラナイ映画なのですが、ばかばかしくて大笑いして気分転換になりました!たまにはいいですねー。映画の最後に『埼玉の歌』が流れるのですが、これが最高です!youtubeをはりますが、これだと途中までなので面白さが伝わらないのが残念です。








久しぶりの耳読書

去年の終わりから、なぜか耳読書も普通の目読書も絶不調で、なかなか最後まで聞き終えませんでした。
久しぶりの一冊はこちら。



title: Educated
author: Tera Wastover

難しさ: 普通
お気に入り度: 3.5 out of 5

モルモン教徒の両親に育てられた娘の回想録。父親は義務教育や現代医療を否定し、そればかりか、世界はミレニアムで破滅すると信じ、せっせと食料や物資を蓄えていた。母親は父親のいいなり。両親は7人の子供たちの出生証明書すら出していない。現代社会のアメリカにおいて、こんな家族がいるのかと驚愕。
Teraは17歳のときに大学に行くことを決意し、初めて公的な教育を受けることになったのだけど、ホロコーストのことを知らずにクラスメートから奇異な目で見られてしまう。そして、その後は彼女は博士号を取るまでになるけど、家族との関係は・・・

ノンフィクションはあまり好きではないのですが、評判が良いので読みました。
面白いというより、驚きの連続です・・・。
そして何より感じるのは『教育』の重要性。アメリカのような国でも、家族によっては教育を受ける機会が阻まれている現状。

友人の子供が小学1年生で不登校になり、家で勉強しています。行きたくても行けないのかもしれないけれど、色んな人と関わって、色んな機会を得れるようになって欲しい。一人でも多くの子供が良い教育を受けて欲しいです。

さて、明日から2泊3日で出張です。忙しい日々が続きますが、木曜の夜は大好きなマシューモリソンのコンサートを見にビルボードに行くのでテンションがあがっています!

英作文

またまた前回の記事から長いこと留守にしてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

昨年の10月から新しい業務内容になったのですが、今年になってからチャレンジングな内容もあって、かなり忙しくなってきました。
体力的にも精神的にもちょっと疲れますが、やっていることは割と自分に合っているので、忙しくも楽しいこともあって頑張れています。とくに同時に多くの人宛のメールや文章を英語で書くことが多く、時間が取れるときは英語の達人に添削してもらっています。

ツイッターでその内容をつぶやきはじめていますが、スマホだと多くを書くのが面倒なので、つい解説を省いてしまいます。

と、いうことで今日は第一弾で、Twitterでの続きです。

Please confirm your name from the list attached. と、2枚綴りの書類の最初のページにこう書きました。すると先輩に下記のように直されました。

Please confirm your name from the attached list.
なるほど、そうだよねーと素直に思ったのですが、それはどうしてでしょうか?

Twitterを読んでくれたaki-kiyoさんが、大西先生が
前から修飾するときは『限定』
後ろから説明するときは『説明』
と言ってますよねー、と書いてくれました。

そうなんです!

Please confirm your name from the list attached.
とすると、後ろから説明することになるので、この文章を読んだ人は、attachedの後ろにさらに何かが来るべきだと感じるのです。
私がこの文章をよく使っているのは
Please find the document attached for the meeting scheduled on Feb 28.
というように、メールで会議資料を添付したりするときです。
最後まで書く必要がないようなカジュアルなメールのときはattachedで終わらせてしまうこともあります。
でも、そんなときも読み手はattachedの後に隠されている言葉を自然に理解してると思います。

でも、今回の場合はハードコピーの次のページのリストから探してね、ということなので、
from the attached list という限定したlistが正解なのでした。

こんな説明でわかっていただけたかしら・・・

最後に英作文の問題です。
ちょっと英語がブロークンな同僚が間違えていたので、良い問題になるかも(?)ということで・・・

それぞれのグループはテーブルを2つ時計方向にまわります。

これを英作文ください。 シチュエーションをちょっと説明しますと、Round-Tableセッションというものがあって、カジュアルなディスカッションをするのですが、グループが8つあって、そのグループがこういう動きをするので、同僚が英語で書こうとして、自分の書いたものを見せてくれました。

今日はこんなところで・・・

石垣島旅行→ドイツ出張&旅行→風邪

前回からだいぶ経ってしまいました・・・
その間に色々なことがありました。

まずは楽しみにしていた石垣島旅行。
4泊5日で職場の友人計5名で、那覇・小浜島・石垣島・竹富島と行ってきました!
那覇では友人と夜食事をし、翌朝早く小浜島に行きました。まぁまぁのお天気で観光&海を満喫しました。人生二回目のスキューバダイビングも楽しかったです!体験ダイビングだと行けるところが限られるので、本当はライセンスを取りたいところですが、今からとって、あと人生で何回行けるのだろうか???ということで、ラインセンスをとる決心がつきません・・・
石垣島はレンタカーで観光し、鍾乳洞や川平湾でリゾート感を楽しみました。
竹富島が今回は一番の感激でした!お天気もすごく良かったので空と海の青さがどこまでも続いて、本当に幸せを感じました。

石垣島旅行が終わったら、本当は英語にまい進する予定だったのですが、旅行直前に、昔のドイツ人上司から11月末にドイツに来て、シンポジウムでスピーチをして欲しいとメールがあり、ばったばたの11月でした。

シンポジウムは前の上司が50歳の誕生日になるので、そのお祝いを兼ねた記念シンポジウムをやるとのこと。しかも本人には内緒で!・・・といっても私はシンポジウムでちゃんとしたことを話せるような専門家でも何でもありませんので、話すのは前の上司との思い出や人柄です。しかし、人前でスピーチをしたことは日本語でもないというのに、英語でやらないといけないということですごーい重圧でした。

意外にも(!?)原稿はスムーズに書けて、英語の達人の友人に見てもらっても、ダメ出しをもらうことはなくて、あとは練習あるのみでした。気合をいれて、職場の友人に予行演習につきあってもらって、万全の準備で(?)望みました。

結果、3回の練習のときよりも本番が一番良い出来だったと思います。(多分・・・・)
Reiko_convert_20181223211953.jpg

そしてスピーチと同時に緊張したのが、着物を当日、自力で着れるかどうかということでした。この日のために11月に6回着付け教室に通って、家でも練習してドイツ入りしました!朝7時からホテルで始めて、なんと1時間もかからずに無事に着れました!これまた、練習よりも良いできで、夜の9時にホテルに戻ってくるまで、まったく着崩れることなく過ごせました。

なんて本番に強いのでしょう(笑)。

そして翌日からはドイツの観光などなど(余裕があれば次回もうちょっと書きたいと思います)、全8泊10日無事に過ごして12月8日に戻ってきました。

戻った翌日は、7月に亡くなった友人のご主人の家に友達と伺ってきました。年内に親友にまたきちんと会えて一区切りついたように思います。

そしてそれから3日後は、仲良しだった31歳のイギリス人男子と日本人の友人との3人の久しぶりの食事会で盛り上がり!

・・・で、その後はひどい風邪をひいて2週間近く体調悪い日々を過ごしていました(涙)。
旅行中のおもしろエピソードなど沢山あるので、明日以降体調が完全に戻ってきたら書きたいです。
Germany_convert_20181223213255.png



プロフィール

Milk

Author:Milk
英検1級/TOEIC950/通訳案内士
最近の趣味はミュージカル鑑賞。NYに行ってミュージカルを観まくりたい!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR