ブロードウェイミュージカル「ホリデイ・イン」を映画館上映で鑑賞

月曜日の夜に銀座で観てきました!

ブロードウェイミュージカル「ホリディ・イン」はビング・クロスビー&フレッド・アステア主演の1942年の同名映画(邦題は『スイング・ホテル』)を舞台化したもの。

原作映画のためにかかれた劇中曲『ホワイト・クリスマス』をはじめ、アメリカのシューベルトと呼ばれた巨匠アーヴィング・バーリンの楽曲で綴られた、ブロードウェイらしい、歌ありダンスありの華やかな作品でした。名曲『ホワイト・クリスマス』は、もとは映画のために書かれた楽曲だそうです!

古き良き時代のアメリカの雰囲気が満載で、まるで生でミュージカルを観てるように迫力満載でとっても素晴らしかったです!日本にくるブロードウェイミュージカルは2軍が多いので、こうやってトニー賞にノミネートされたメンバーの舞台を上映してもらえるのは本当にうれしい限りです!

でもやっぱりニューヨーク行って、ライブで観たいなぁ~!!!




スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

洋書読書記録 & 酒豪女子の飲み会

Hotel on the Corner of Bitter and Sweet



舞台は第二次世界大戦中と、1986年のシアトルでのことが交互に進みます。中国系アメリカ人 ヘンリーが主人公。パナマホテルをはさんで隣接するチャイナタウンと日本人町が舞台になっています。このパナマホテルは実在するようです!

第二次世界大戦中、ヘンリーは白人の小学校に通う。当時12歳の少年は、日系2世のケイコと知り合う。白人以外は、すべて有色人種としていじめにあっていた中、いつしか2人は仲良くなっていく。ヘンリーの父親は幼少期に中国で日本軍に家屋と家族を奪われ、祖国の中国からシアトルへとのがれてきた経験から、日本人への憎しみを生きる糧にしている。両親は中国語しか話せない。一方、ケイコの家族は父親が弁護士でリベラルな家庭で、流暢に英語を話す。ケイコは日本語を話せない。

真珠湾攻撃をさかいに、ケイコとケイコの家族は収容所に移送されてしまう。ヘンリーはケイコに収容所まで会いに行き、文通を続け、友情を恋愛にふくらませていく。白人の小学校に通う、唯一の友人であったケイコが、いつしか、大事な存在になり、ケイコを愛するようになる。
 

そして1986年、ヘンリーが自分の半生を振り返る。そのきっかけは、長い間閉鎖されていたパナマホテルのオーナーが代わり、地下から強制収容所におくられた日本人の遺留品がたくさん発見され公開されたことにある・・・

穏やかに話が進んでいくのですが、決して単調というわけではなく、どんどん読み進めたくなっていきました。第二次世界大戦中の日系人は収容所に送られたということは勿論知っていましたが、小説で様子を垣間見ると、なんとも切ない気持ちになります。そして、日本軍にひどい目にあわされたヘンリーのお父さんの気持ち・・・息子が日本人に恋をするなんて、どうにもやるせなかったでしょう。

パナマホテルが実在するというのを知って、この小説のリアリティが増す気がします。チャンスがあったらぜひ読むのをお勧めします!静かだけど、胸を打つ、そんなストーリーです。

*****

この間の金曜日、3ヵ月に1度の定例女子会がありました。
仕事関係での友達なんですが、30代と40代女子3人だけの飲み会。
いつもはちょっと素敵なところでゆっくりとお酒を楽しんでいるのですが、今回は30代女子の提案で池袋の居酒屋。
メニューもお任せにしていました。

当日、お店についてびっくり。なんと飲みほうだいのコースでした。
2人は酒豪だとは知っていたのですが、私は好きだけど強くはなく・・・
えぇ、確かに20代はかなり飲みましたが、あれは回数がものをいって強かっただけで、元々は弱く、すぐ赤くなります・・・

不安をよそに(?)楽しく話して食べて飲んであっという間に1時間半が過ぎていました。
気が付くと2人はそこそこいい感じにちょっとだけ酔ってる様子だったんです。
そこに店員さんがきて「あと10分くらいで最後のオーダーです。」と言ったら
30代女子が「ソーダ―とマンゴージュースとオレンジジュース。生ビールと八海山。」

え、それって私たちの分まで頼んだんじゃないよね???私はもう何もいらないし。

と私がびっくりしていたら、

店員さんがさがっちゃったのを見て、40代女子が
「じゃあ、こっちから私の分、オーダーしよう」
と、テーブルの上のpadで日本酒を2つとビール1つ入れるじゃないですか!
すかさず30代女子が「私にも日本酒2つ!」と更に追加。

あわてて私がpadをとりあげ
「もうじゅうぶーーーーーん!!!」

3分後に店員さんが
ソフトドリンク3つ、ビール2つ、そして日本酒を5つ持ってきて
「ちゃんと全部飲んでくださいネ!!!」
と怒っておいていきました・・・。

30代女子
「あれ、こんなに頼んだっけ???」


「頼んだよ、頼んだよ、頼んだよーーーーー!!!どーすんのーーーーーー!!!」

30代女子
「大丈夫大丈夫。飲めるよーーーーー!!!」

10分後。まだ半分以上が残っていました・・・。

私「怒られるよーーーー!!!」

30代女子「大丈夫。このお鍋に入れて沸騰させちゃえ!」

といって、テーブルのもつ鍋に日本酒やらソフトドリンクやらを入れて沸騰させ始めました。

40代女子
「おいしそーーーー!!!」
と言って、お鍋にちょっとだけ残っていたラーメンをすすり始めました。

「あっまーーーーい!!!」(満面の笑顔)


「・・・・・・」

なんとか飲み物をお鍋で蒸発させて、私がお会計を済ませました。
店員さんにお小言をいわれずホッとした私。

それもつかの間。

私たちがいた部屋からガッシャーンという大きな音が。

慌てて戻ると、40代女子がコップをいくつかテーブルから落としてしまった様子で
「すみません!すみません!すみません!」と謝っていました。
優しい店員さんが「お怪我がなくて良かったです」と言ってくれました。

早くお店から出たい私。
靴を履いてると30代女子が
「たいへん、たいへん、たいへん。靴の鍵がないのーーーー。持っていた靴の鍵あけたら男の人の靴がでてきた!!!」
と大騒ぎ。

またもや自分たちのいた部屋に戻って鍵の捜索。
ところで、この靴の鍵はどっから盗んだんだ!?

無事に靴の鍵をみつけて、ようやくお店から出ることができて、電車に急ぎました。
なんとか2人ともまっすぐに歩ける状態。
心地よく酔っていた私は、騒動ですっかり素面に戻ってました。

ご機嫌の2人。
「あぁ今日は楽しかった!!!今度は朝までカラオケしよーねー!!!」

「そうねそうねー!」(心の声:いや、もう飲み放題は絶対行かないからね!!!朝までなんて絶対いやや!!!)

同じ路線で反対方面に住んでいる40代女子を電車にのせて「バイバイ!」をしたときに彼女が裏表でトレンチコートを着てるのがみえました。すっごい美人で長身で目立つ彼女・・・東京のとってもオシャレなエリアに住んでるお嬢様が・・・

2つ隣駅に住んでる30代女子は帰りの電車で、私に1分おきに
「今日、ミルクちゃんのお散歩はもうしてからきたんですか?」
と同じ質問を大きい声で聞いてきたのでした・・・

あぁ楽しかった金曜日・・・



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

洋書読書記録 & 映画「僕のワンダフルライフ」



title: Love & Gelato
author: Jenna Evans Welch

ツイッタ―でこの本の情報をお知らせ下さった、ののさん、ありがとうございました!
すごーく楽しくてサクサク読めました。洋書を読みなれない方にもお勧めです。ほんのりと温かい気持ちになれる良い本だと思います!でもきっと女性向けの本ですね。長さも短めだと思うので、何か簡単に1冊読んでみたいというときに良いと思いますよ。



さて、昨日、この映画を観てきました。
既に英語で原作を読んだ!と思っていたのですが、私が読んだのはこの原作Dog's purposeの続編というかスピンオフのDog's journeyでした。

ストーリーは単純で、トレーラー通りです(笑)。号泣しちゃうかな、と思ったのですが、軽快なリズムと明るいタッチで描かれていたので泣きませんでした。犬ってやっぱりかわいいですねー。映画に出てくる犬がほんとに愛らしくて、たまらなかったです。

いっつも思うことですが、この世に生まれたすべての犬が、優しい飼い主のもとで最後まで愛されて欲しいです。

うちの犬のエピソードを一つ。

まだパピーだったときに公園へのお散歩デビューを飾った時のことです。
飼い主に似て臆病なので、初めての外の世界が怖くてしょうがなくて、全く歩こうとしなかったんです!
犬育ての先輩に聞いても皆、「最初から喜んで歩いたよー」と言ってたので、ほんとに自分の犬がオカシイのかと思いました。
うちから近くの大きな公園まで歩いて10分なのに、最初はほとんど歩かないので30分かかったり・・・
途中で小さい川が流れてるのですが、「そんなに困らせると川に流しちゃうよー」と脅したことがありました。

幸いいつしか喜んで公園に行くようになり、その公園ではちょっとした有名犬(かわいいので!)になりました。
このかわいい柴犬の飼い主は私よーと、得意げだったのも長く続かず、
2歳を過ぎたころからすっかり大人になってしまって、その公園にいくのを嫌がるようになりました・・・。
他の犬とじゃれるより、私と川原でボール投げしたり、山にハイキングいくのが好きになってしまったのでした。

13歳になりましたが、まだまだ元気なので一緒に楽しいワンダフルライフを送りたいとおもいまーす!


テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

映画「ドリーム」



楽しみにしていた映画を観てきました!
ものすごーく良かったです。と、同時に自分が情熱を傾ける仕事をしていないことが、何かとっても勿体ないのではないかという気分になりました。

1960年代のNASAのロケット開発に関わる黒人女性の3名話です。実在の人物に沿った話ということなので、とても胸をうつものがあります。久々にケビンコスナーを観ましたが、相変わらず良い役をやってました。

主役の女性は数学の天才です。私の職場にも数学の秀才~天才に近い人が大勢いるのですが・・・ココカラ先は書くのを自粛。笑。

パイオニアになる人はやっぱり突き抜けているんですね!

映画自体はものすごく良いのですが、タイトルが映画にあまりにもそぐわな過ぎます。オリジナルのタイトルは Hidden Figure 。
NASAのロケット開発に関わった知られざる偉人と、その数字をかけているようですが、ドリームというのは映画の内容には全く関係ありません。キャッチーなタイトルをつけろ、と言われたのでしょうね・・・。きっと・・・。それがとっても残念です。映画会社にはきっとそんな意見が沢山いってることと思います。

週末はその他に実家に行って、姪っ子と遊んできました!もうすぐ3歳なのですが、とってもかわいらしいんです。そのうちディズニーランドに連れて行ってと弟からお願いされたので、しょうがない、行きますかー。お金いくらかかるんだろう?それより体力持つのだろうか・・・。子連れディズニーランド・・・。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

"You stole my heart away" と 洋書読了記録(耳読書)


著者: Amy Harman
タイトル: From sand and ash

舞台は第二次世界大戦中のイタリア。ドイツが占領を始め、ユダヤ人が迫害され・・・

EvaとAngeloは家族同然のように育てられた。けれどもEvaはユダヤ教。Angeloはカソリック。大人になると、二人は恋におちるが、Angeloは司祭になる道を選ぶ。果たして二人の運命は・・・。

*****

さて、本題。

前記事で書いたとおり、Finding Neverlandのミュージカルがあまりにも良かったので、2回も観に行ったのですが、その後も熱は冷めやらず、You Tubeで関連ビデオを探しまくって、毎晩のように観ています。

な、なんと2015-2016にブロードウェイで私の大大大好きな、マシューモリソンがFinding Neverlandの主演をつとめていたんです!!!そしてそのサントラが出てたので、もちろん購入して毎日うっとり聞いています。更に、You Tubeでは彼の出た舞台の映像もあって(たぶんイリーガル)、それを最初から最後まで3回も観ちゃいました。You Tube最高!!!もう、かなりのセリフを覚えましたよ(爆)。歌も結構そらで歌えます。(音程外しまくりだけど)

ブロードウェイのスケジュールも色々チェックしたり、どこでチケットが買えるのか探してみたり、私の心はニューヨーク!
来年か再来年、絶対絶対にニューヨークへ行きます!ブロードウェイで最低8舞台は観るのだ!!!

Finding Neverlandの2回目を観た後に、主演の俳優さんのツイッターにまた書き込みをしました。「感動しました」って書いても普通すぎるなーと思ったので、

You stole my heart away! Come to see you to Broadway sometime soon!!!

とツイートしたら、すぐに本人から「いいね」ボタンを押してもらえました。
マシューモリソンほどではないけど、かっこよくて、声も素敵な俳優さんで、もしかしたら今後売れっ子になるかもしれません。

いいなぁ、ミュージカル。いいなぁ、ニューヨーク


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR