2017_01
12
(Thu)18:42

読書記録

最近はお風呂で半身浴しながら和書を読んでいます!さっそく今年になって読んだ本の記録です。



しない生活
小池 龍之介

どこかで聞いたことのあるような話ばかりですが、人間関係や生活の中で何か変えたいな!と思っているときに読むのに最適だと思います。この本で一番良かったのは、「情報が多すぎると心が乱される」と教えてくれたことです。確かに溢れる情報の現代では、英語の勉強ひとつとっても何をしていいか、却って悩んでしまいますよね。



フォルトゥナの瞳
百田尚樹

こちらは小説です。面白さは・・・うーん。話としては悪くないのですが、メッセージ性が薄かった・・・。

夫が読書家なので、家には和書があふれてます。大抵、夫が読んだ本から適当に見繕って読んでいます。今年はケチらずに自分でも和書を買っていこうかな。(でも上記の2冊は夫のお下がりです。爆)
スポンサーサイト
2014_01
19
(Sun)21:08

永遠のゼロ

今年は和書も読みます。

ということで、こちらを読みました。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


タイトル:永遠のゼロ
作者:百田尚樹
お気に入り度:★★★★☆

面白かったのであっという間に読みました。でも零戦で戦う場面は途中からは斜め読みになりました。最初は全く知識が無かった零戦闘機や日本の軍隊の話に引き込まれて、一字一句読んでいたのですが、途中から苦しくなりました。どうしても興味が持てなかったり、今は読みたく無い場面になると逃げてしまいます。

それでも小説として、ものすごく良い本だと思います。最後の最後では驚きました。読んでよかったです。桜花のことや特攻隊のことは、知りたいという気持ちと、怖いので知りたくないという気持ちがせめぎ合います。日本人として、知っておかなくてはいけないのでしょうけれど、向き合うのはやはり怖いです。

映画も見たいような、見たくないような。たぶん、いつかDVDで見ると思います。

*****

さて、今週はマンションの役員会があったので(今年担当です。夫に押し付けてますが。)、めずらしくどこにも出かけませんでした。どっちみち夫も私も風邪ひいてるので出かける元気も無かったのですが・・・。

というわけで、ようやく英語が少しできました。
ビジ英と攻略リスニング英語とTOEICのリスニングをやってみました!久しぶりにやると、何でも楽しいですね。特にリスニング英語はためになるなぁと感心しました。ちゃんと毎週やるようにせねば!!!

攻略リスニング英語は暦の話だったのですが、私は全く知らないことばかりで、ほんとに勉強になりました!柴原先生のおちついた声も癒されますね~。

TOEICも意外な単語の意味を知らなかったことに気が付いたり、結構発見がありました。この調子で頑張りたいですが、続かないのが私なので・・・。

さぁ、明日から仕事です。今週は珍しく忙しそうですが、がんばりまーす!