洋書記録

ずいぶん久しぶりに洋書を読みました。
正確には、洋書は読んで(聴いて)いたのですが、なんか気分が乗らなかったりして、何冊も途中で挫折していました。そんなことはめったになくて、一度手に取った本は最後まで読むタイプなのですが、なんか最近色んなことに気が取られているのかもしれません。

読んだのはこちら。


すごーく良かったです!!!
お勧め度150%!
児童書だと知らずに読んだのですが(児童書は苦手なので・・・)、本当に素晴らしい本です。単語も難しいのは出てこなかったと思います。主人公の女の子がhigh functioning autism(高機能自閉症)で、prime numbers(素数)とhomophones(異形同音異義語)に固執しているのですが、このことがわかって読めば、耳読書でも楽だと思います。

高機能自閉症の女の子がお父さんと愛犬と暮らしています。お母さんは彼女が小さい時に出ていったと聞かされていました。ある日、大嵐が町を襲った翌朝、愛犬が行方不明になってしまいます。お父さんと上手く行かない関係、見つからない愛犬・・・。そして最後は困難な中で、彼女は自分の得と正義の狭間で行動を起します。それは・・・

ちょっと今までと違った感じの本を読みたい!そんな時にお勧めの1冊です。

*****

先週末、副業(?)の用件で富山県まで行ってきました。急きょ頼まれた仕事だったので、富山県と聞いたときに“大雪のところにいくの?”と思って、すぐには行きますと答えられませんでした。北陸は行ったことなかったので、福井県と富山県とごっちゃになっていたのでした!ネットで調べたら積雪量も30センチくらいでしたし、自宅からも新幹線で簡単に行けそうだったし、何より夫が『行って来れば』と背中をおしてくれたので、私にしては思い切った(?)決断でした。

意外と言われるのですが、かなり慎重なところもあるんですよ!

土曜の夜に着いて、翌朝から夕方まで仕事だったので、ほんとに遊ぶ時間は無かったのですが、非日常と言うのはたまにはいいですね。富山市は路面電車が整備されていて、道路も広くて綺麗な都市というかんじでした。美味しい物を食べただけで観光はできなかったので、次回はぜひ夏に行ってみたいです!

さて、明日は待ちに待ったマシューモリソンのコンサート第一弾!(第二弾まであります)楽しみ~!!!
スポンサーサイト

洋書読書記録



Title: The Address
Authour: Fiona Davis

audibleで聴きました。ものすごく面白かったです!ここ半年で1番良かったと思います。耳読書でも難しくないので、目読書でしたら楽だと思います。

メインの舞台は1985年のアメリカNYと現在のNYです。1985年に起きたことが子孫の女性に大きな影響を及ぼします。
聞いているときはミステリーの要素を感じていなかったのですが、最後にそんな大きなことが隠されていたとは!と大きく驚きました。ストーリーと直接は大きく関係ないのですが、当時のアメリカでは移民が英語が話せないというだけで、色んな犯罪の犯人に仕立てあげられていたのだとわかりました。

読書は英語でも日本語でも豊かな時間をもたらしてくれていいですね!

洋書記録 -途中で挫折-



title: The Naturalist
author: Andrew Mayne

こちらの本、80%のところで挫折しましたー(涙)
あんまり面白くなくても、私は結構最後まで読み切るのですがこれはダメだった。
とにかくつまらなかった(爆)
読み易い文体なので、もしかしたらガンガン読んでいくと最後でびっくり、というパターンなのかもしれないのですが、面白い場面が80%のところまできてもこないのです(号泣)
売れてる本をチェックして買ったはずなのですが・・・
あぁ時間を無駄にしてしまいました。今年の最後の本だったのに・・・
勢いよく読むことも大切ですね・・・

気をとりなおして。
最近映画を2本みました。
1本目はこちら。
オリエント急行殺人事件


出演者は豪華だし、映像もとっても綺麗なのですが、なんといってもつまらない映画でした。バッサリ。
最初から最後まで
『ほら、みてよみてよ。とっても素晴らしいでしょう。』と言っているようでウンザリしました。

そしてもう一本はこちら。
gifted


これはとっても良かったです!なんといっても主役の少女役の子供の素晴らしさといったらありません!
映像の撮り方も綺麗でした!
涙なしには見れないと思います。ただ、最後がもうちょっと工夫して欲しかったかなー。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

洋書読書記録 & 英文メールの書き方講習会


title: Peach Keeper
author: Sarah Addison Allen

こちらをaudibleで耳読書しました。感想は・・・あまり面白くなかった。というよりも、英語が聞きにくくて、話に集中出来なかったです・・・。祖母の時代と、その孫娘たちの時代の話がリンクして進みます。ミステリー要素と友情の話が中心で、筋は追えるのですが、アメリカ南部のなまり(?)がほんとに聞きにくくて、イマイチこの本の面白さがわかりませんでした。英語力がまだまだということですね((+_+))

*****

先日、職場で行われた「英文メールの書き方」という講座に参加しました。サブタイトルは「Informal VS. Formal Writing」。勿論、無料です!そして仕事時間中。

とくに目新しく勉強したなーという内容ではありませんでしたが、改めて指摘されると、これから気を付けようと思います。
いくつか印象に残ったことを書きます。

Informalの文章では:
*文頭の等位接続詞を使う(And, But, So, Or, YetやBecause)
*能動態が多い
*Phrasal Verbsを使う
*「動」な文章

Formalな文章:
*一人称や二人称を避ける(もちろん、使う時もあるけれど、Formalになればなるほど使わなくなる)
*短縮形は使わない cannot, do notなどにする
*「静」な文章
*ラテン語由来の単語をよく使う(perform, attain, achieve, purchase)

Formalな文章を書くときに特に気を付けること:
*相手の名前を正確に
Dear の後は、 Mr. や Ms. などを必ずしもつける必要は無い。間違えるよりは、敬称なしのほうがよっぽどよい。
例: Dear Carla Tucker,
*用件の間違いをふせぐためにも、日付は大事!

英文ライティングのためのお勧めの本も教えてもらったので、自分でも勉強しなおそうと思います。

清滝さん2_convert_20171215162308

職場の友達が私の似顔絵を描いてくれました。似てると評判ですが、どうだろうか・・・

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

洋書読書記録

Title: Before we were yours


audible でこちらを聴きました。
とっても良かったです!

1930年代と現在のアメリカのを行ったりきたりで話が進んで行きます。聴いていると、1930年代のときが訛りが強いので、最初は忍耐が必要でした。何度か戻して聴きなおししました。

1930年代のアメリカでは、貧しい家庭やシングルマザーから生まれた子供が孤児院に売られたり、ときには病院から盗まれたりして預けられました。孤児院とは名前ばかりで実際は悪の組織といってもいいくらいで、子供たちをセレブや上流階級の子供に恵まれない人たちに高値で売り飛ばしていたのです。

実際にこういうことが起こっていたようです。

ストーリーはとっても追いやすく、幸せな気分で読み終えることが出来るのでお勧めです!

*****

忘年会シーズンですね!
昨日、第一弾で友達と都内の一つ星フレンチレストランでお食事してきました。
別におしゃれする必要ないのですが、着て行く機会もあまりないので張り切りました!
友達がアプリで加工写真を撮ってくれたので載せちゃいまーす♪
小さいからどっちみちよくわかりませんね(笑)

IMG_0794_convert_20171127161410.jpg


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
英検1級/TOEIC950/通訳案内士
最近の趣味はミュージカル鑑賞。NYに行ってミュージカルを観まくりたい!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR