スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了!(耳読書・今年1冊目) と「さようなら」を英語で言うと?

1カ月以上かかりました・・・。

Doctor SleepDoctor Sleep
(2013/09/24)
Stephen King

商品詳細を見る

タイトル: Doctor Sleep
著者: Stephen King

お気に入り度:★★★☆☆
難しさ:★★★★★ (耳読書の場合)

これは、目読書すべきでしたね。難しいというより、聞きにくい!
キングのねちねちとした描写が続くので、聞く集中力が保ちにくかった!
暗いので、朝しか耳読書しない私には気分が悪かったデス・・・。
加えて、キング特有の勝手に作り上げた言葉が連発されるので、それが何かつかむまでに耳読書では大変でした。
二度とキングは耳読書しないぞ!

話はというと、結構面白いと思います。シャイニングの続きですが、シャイニングよりも希望があるというか、温かさがあるというか。でも今回はわかってない部分が結構ありますね(涙)。
最後にキング自身が語っていて、映画のシャイニングの文句言ってましたね(笑)。よっぽど気に入らなかったのね。

*****

先日、旭川モントレー英語倶楽部のmontoさんが、死語になった言葉でthank you very muchとgood-byがあるとテレビでやっていたのを生徒さんが見たという話題がありました。

そこでまず、イギリス人(T氏・マンチェスター出身・20代)に「さようなら」について聞いてみました。
「Good-by.はあまり使わないな~。使うにはある特有のシチュエーションがあるな。うーん。(←例をあげてくれませんでした。)イギリスに居るときは日本よりももっと気軽な仲間が一杯いったから、そういう友達には'See Ya'かな。イギリスの大学は日本よりカジュアルだから、そこで帰るときには'see you later'と言ってたね。今の職場は日本だから(もう少しフォーマルな雰囲気だから)、たいてい'see you tomorrow'かな。」

アメリカ人(Eちゃん・ボストン出身・30代)
「Good-byと言ってもおかしくはないけど、自分の口からは出てこないなぁ。なんでかなぁ。もしあなたにGood-byって言われたら、私もGood-byって言うと思うけどね。See you laterかSee you tomorrowかなぁ。例えば今夕方5時でオフィスを出るところだけど、あなたと7時にご飯食べることになっていたら、その時は必ずSee you laterって言うけど、他はあんまり意識してないわぁ。」

とのことでした。二人に共通していたのはGood-byは死語と言う表現は出てこなかったこと。なので使ってもいいのでしょう。でもおそらく一番無難なのはSee you tomorrowではないかって思いました。

ただ二人とも日本語使いたがるので、普段は
「またね~」か「おつかれさま~」しか言わないんですよね(爆)。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。