2014_02
27
(Thu)20:17

読了(目読書・今年2冊目)!

2月に読んだ本はこちら♪

The Secret KeeperThe Secret Keeper
(2013/05/09)
Kate Morton

商品詳細を見る


Title: The Secret Keeper
Author: Kate Morton

お気に入り度:★★★★☆
難しさ:★★★☆☆

昨年読んだKate Mortonの本があまりにも良かったので、こちらをKindleで購入。
最後に訪れた感動は同じくらい良かったです!
でもちょっと途中が読みにくかったので、4つ星です。
英語はイギリス英語です。1級単語が結構沢山出てきました!

2011年有名な女優ローレルが、余命わずかとなった母の見舞いにやってきたところ、偶然、一枚の写真を目にする。ローレルが見たことの無い女性と母が2人で映っている。添え書きによると二人はとても親しかったらしいが、なぜ今まで彼女のことを母から聞いたことがないのだろう?またローレルは16歳の時に偶然に目撃した衝撃的な事件が忘れられない。母が家にやってきた男を、ケーキナイフで刺し殺す場面を、偶然見てしまったのだ。母の行為は自己防衛と認められ、罪に問われなかったが、ローレルは誰にも話していない事実があった。母は殺した男を、全く知らない人で、自分たちを行き成り襲おうとしと証言したが、ローレルは男が母の名前を呼んだことを、聞いていた。母と男は知り合いだったのだ。事件から数十年が経とうとしていたが、ローレルは母の秘密を探しに・・・。

やっぱり面白いKate Morton。また他の本もポチッとしてしまいました。


*****


昨日はイギリス人とランチを一緒にしました。
ほとんど日本語を教えていることが多いのですが、そんな中、「時間をつぶす」という言い方を色々聞きました。
予め調べていったのは下の表現。
kill time
pass the time
fill the time
fool around
idle the time away

彼が良く使うのはpass the timeとkill timeだそうですが、イギリスでは'kill'という単語を使うのを嫌がる人がいるから注意するようです。

またidle the time awayは"It is contrived!"と言ってました。不自然だそうです。絶対使わないと言ってました。

fool aroundは使う場面に注意したほうが良いとのこと。理由は、もうひとつの意味にセクシャルなことがあるから。
またアメリカ英語だからイギリス人は使わないそうです。

fill the timeは、単語から想像出来るようにちょっとニュアンスが違ってくるようですね。確かに時間を潰すのですが、その中でも時間を埋める感じ。

他に良く使うtimeを使った表現でbide one's timeを教えてもらいました。
=wait です。


*****


職場に2か月間だけなのですが、トルコ人の学生が来ました。
彼は日本に以前来たことがあるようで、日本語がちょっと出来るようです。
いきなり私のところにきて
「おいなりの場所」と言うので

???おいなりさん買いたいの?コンビニに売ってるかな???

と???マークだったのですが、何度か聞いてようやくわかりました。

「おいのりしたい。どこか部屋はあるか?」



とても敬虔なイスラム教徒のようで、なんと職場でもお祈りをします!
また金曜日はイスラムの教会に行く日のようで、お休みまたは午後から来るようです。
今までもイスラム教の方が来たことはあるのですが、職場でお祈りは初めてです。

明日はようやく週末ですね~。うれしいなぁ~♪
スポンサーサイト