2014_11
28
(Fri)17:20

日→英は難しい

前回のエントリーに書いたように、社会人向けの大学で行われた通訳講座に通っていました。
その中で成長を感じれたのは英日です。ほぼわからないところはなかったので、ここ数年の勉強の成果!と思いました。
もちろん私の日本語訳はヘンテコだったのですが、英語の意味自体はほぼ取れました。

しかしながら日英は苦戦!
授業中に使った教材は会議での発言を英語に訳すというものだったのですが、日本人特有の、趣旨をばしっとは言ってくれないので、この発言は何が言いたいのか、その分析から悩んでしまいました。

先生も、まずはスピーカーの趣旨を理解することが第一とおっしゃってました。趣旨を正確に伝えた上で、細部を肉付けしていくように通訳しましょうとのことでした。

この部分は、トレーニングすれば乗り越えられそうだなーと思いました。

問題は・・・・
日本語脳から英語脳にスイッチすることです。

ふだん外国人と英語だけでしゃべっていると、言葉はスムーズに出てくるのですが、日本語から英語に訳すとなると、脳の回路を複雑に使わないといけない感覚におそわれました。

英語から日本語は大丈夫なんです。でも日本語から英語への切り替えが難しい・・・

要因
①まだまだ英語力が圧倒的に足りない
②日本語から英語という訓練をしていない

この二つに尽きますよね・・・
英語がそこそこしゃべれることと、日本語から英語への通訳が出来るのはものすごーく大きな差があるのだと思いました。

*****

最近仕入れた表現で使えそうと思ったもの。

Something is off!

変なことがよく起きる(?)私の職場では使えそうです。

明日はアメリカ人の友達にThanksgiving Partyによんでもらいました。
人生初のターキーを食べます!!!
楽しみ♪♪♪
スポンサーサイト