面白かった小説(和書)

今年は和書も読むぞ!と決めていたのですが、その心意気通り、何冊か読んでいます。その中で面白かったのがこれです。

気分がクサクサしてたときに、この本を読んで別の世界に連れて行ってもらいました!



タイトル: 楽園のカンヴァス
著者: 原田マハ

内容紹介 (アマゾンより)
ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。



私は絵画に造詣が深くないのですが、美術館にいくのは大好きです。
年々、知的好奇心が大きくなっているので、今まで自分が考えたことがないようなところに連れいて行ってくれる小説やドラマがとても楽しいです。この本もそんな1冊です。日常から離れたい時、ぜひ手に取ってください!
文章の構成やキャラクター設定はまだ甘いんじゃないかな、とは思いましたが、でもでも十分楽しめました。この作者の今後がちょっと楽しみです。

最近の現実逃避は他にもあって(笑)、パンを焼いたりお菓子を作ったりもしています。
ヒット作はこちら!
18157066_10209088991569240_6156283189947801213_n_convert_20170526160947.jpg

よもぎアンパンです。
あんこは缶詰を使ったのですが(汗)、よもぎを重曹を加えた熱湯で茹でて、ちゃんとパン生地も作りました♪(1次発酵まではパン焼き器がやったけど

初めて具入りのパンにチャレンジしました。レシピもクックパッドでちょっと見ただけなので、いったいどれだけアンを入れればいいのか、どうやってお尻を閉じればいいのかわからなかったのですが、いつもの通り「てきとう」にやったら、そこそこ上手に出来ました!

今日の英語ネタ。
DMMで英会話を週に4回くらいやっているのですが、目下の課題は同じ単語や表現を繰り返さないということ。
先生は皆優しいので、自分たちからは指摘してくれません。
なので私から「この単語を他に言いかえるとどうなる?」と教えてくれるように強要お願いします。
理想のレッスンは自分で作る。これがマイポリシーです♪ 
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR