スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録 (洋書) Everything I Never Told You

title: Everything I Never Told You
author: Celeste Ng



舞台となるのは1970年代のアメリカ、オハイオ。 中国から移民してきた両親のもと、アメリカで育ったお父さんが白人と結婚し、3人の子供がいます。お父さんは大学教授。子供たちは皆、お父さんの血が強くでていて、見た目はアジア人です。真ん中の子供、リディアだけは目が青く美しい容姿だけれど、やはりアジア人であることは明らか。白人のお母さんは成績優秀で医師を志していた過去があるのだけれど、今は専業主婦。家族の色んな屈折した思いがリディアの死をきっかけに現れてくるという物語。


この本は一貫して暗い。何度か読むのをやめようかと思ったのですが、どうしてリディアは死んだのか。それを知りたくて最後まで読みました。好きか嫌いかでいえば、好きじゃないストーリーでしたが(苦笑)、1970年代でのアメリカの田舎でマイノリティとして生きることの大変さが伝わってきました。


昨日の日曜日、実家に両親を訪ねた後に、また一人で映画を見てきました。予告を見て気になって行ったのですが、中々良かったです。映画の王道といえるストーリーと映像だったように思います。



この映画で印象に残ったのが「許すこと」。

でも、思うのです。「許されない」ときにはどうすれば良いのかと・・・。そしてその許してもらいたい相手に、本当は、とくに許してもらいたいとも思ってない時はどうすれば良いのか。あぁ、人間ってややこしいですね。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。