読書記録(洋書)

こちらを読みました!(目読書)



Title: The Hate U Give
Author: Angie Thomas

何を読もうかさくっと決められない時、アメリカのベストセラーになっているものをチェックします。今回はその中から書評を少し読んで決めました。たぶんこれはYA向けなんだと思います。黒人の高校生の女の子が主語なので、分かり難い文章がでてきます。理解度はたぶん9割がいいところ。それでも、すごく良かったです!

16歳の黒人の女子高生Starrは貧しい黒人ばかりがいる地域に住みながら、白人ばかりの私立校に通っています。ボーイフレンドは白人。お父さんは彼女がまだ小さい時に犯罪を犯して刑務所に入ったことがあります。兄とは母違いという複雑な家庭環境。
Starrは子供の頃に目の前で友達が打ち殺されます。そして、また、彼女の大親友だった男の子が一緒にドライビング中に、テイルランプが切れているからと警官にとめられ、車から降りたところで彼が警官の指示を無視して動いたために、警官(白人)に目の前で打ち殺されてしまいます。この事件が国を騒がせる大きなものとなります。殺された男の子が黒人で、家計を助けるためにドラッグを売っていたことを「悪党」呼ばわりするだけでなく、どうせ彼は長生きできなかったのだから・・・という白人の友人。目撃者となったStarrは警官からだけでなく、地元の黒人のギャングたちからも脅され・・・


涙せずには読めないところがありました。でも、最後はこの本を読んで良かった!と思える清々しさで一杯です!お勧めです!

それにしても、私はなんて無知なんだろうと思いました。この本に出てきた、1955年の大事件。エメット・ティル。こんなひどいことが平気で起こっていたんですね。そして、今でもまだまだ黒人に対する偏見や差別は大きいのですね・・・。

さてさて、次は何を読もうかな。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR