英検対策 リスニング編

英検対策シリーズ、最後はリスニングです。
過去問をやって語彙と読解の正答数が半分以下の場合は、まだリスニングに力を注ぐには時期尚早です。まずは語彙を増やし、文法を再度確認しましょう。英検準1級を目指すレベルの方でも、意外に文法に穴がある場合があります。

リスニングは総合力
聞けないには理由があります。「知らない単語やフレーズがあったから」「文章が長すぎて脳内処理がおいつかない」「構文がとれなかった」「知っている単語だったけれど、発音と単語が結びつかなかった」これらが聞けない理由です。まず聞けなかった理由を分析しましょう。

NHKニュースで英会話の活用法
読解編でもお勧めした、こちらのサイト。リスニング対策にも有効です!
活用法の一例です。
1)まず語彙を確認します。こちらのサイトではボキャブラリーのページがありますので、音を必ず聞きながら、意味を確認します。
2)通常音声でスクリプトを見ないで通して一度だけ聴きます。わかった内容を箇条書きで簡単にメモします。
3)センテンスのサイトにいきます。英文を見ないように工夫してください。音声を一文聞きます。聞けた内容をディクテーションします(聞いた音をそのまま英語で書きます)。全部わからない場合、まず主語と動詞をとってみましょう。2,3回聞いて、わかった内容を書き足します。この際に、後から書き足す部分は色を変えると良いでしょう。(最初に黒いペンを使っていたら、2回目に聞くときは青いペンにします。)
4)スクリプトを確認して、赤ペンで修正していきます。
5)何が原因で聴けなかったか分析します。(↑上記赤のどれに当てはまるか自己分析します。)
6)2-5を最後の文までやります。その後、音読を何度もくり返します。(暗誦できる程度までやりこむのが理想です。)
注)準1級対策の場合は、普通の音声で十分です。1級対策の際は早い速度でついていけるようになるところまで音読をしましょう

過去問をやりましょう
最大の対策は、やはり過去問です。過去問をどれだけ完璧に克服していくかが、合格を早める秘訣だと思います。A&Aの日本人講師の授業では、過去問の取り組み方をお伝えいたします。
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR