脳が柔らかい

あっという間に現実に戻ってしまいました~。でもリフレッシュできたので、気分は結構すっきりしていて、当分頑張れそうな感じです。やはり休暇は必要ですね。

7月から隣の研究室にやってきたイギリス人がとっても話しやすい人で、また日本語を以前から勉強していたようなので、language exchangeを申し出たら引き受けてくれました!やった!ネィティブにタダで色々教えてもらえるぞ!!!

ということで今日のランチに第一回目をやりました。私は短いエッセイ(バリの旅行記)を書いて行って直してもらいました。やはり課題は冠詞ですねー。指摘されると「そうだよねー」と納得できるのですが、完璧に書ける日はやってくるのでしょうかね。あとはalongとbyの使い分けとかtopとedgeが改めて勉強になりました。わかっているのだけど、自分で発信するときにちゃんとすぐに使いこなせてないのはダメですよね。やっぱりライティングは良い勉強になりますね。ぜひ準1~1級を目指す方はライティングやってみて下さい。本当に刺激になりますよ!

language exchangeの最後に、子供のころに語学やっておけば良かったという話になって、日本語では子供の脳は柔らかいからねー、っという表現があるよ、英語では?って聞いたら、いくつも回答が返ってきました。

私が思いつきそうな答えは
Kids are flexible. とか receptiveでしたが、脳が柔らかいという表現にまさに合致しそうなのが
The brain is malleable.
The brain is plastic.
plasticには「柔軟な」という形容詞があるんですね~。いや~、やっぱりネィティブはいいですね~。


*******

回答を載せるのを忘れていました!

塩を取ってもらえますか?このステーキの味は淡泊だと思いませんか?
Will you pass me the salt? Don't you think the steak is kind of (bland)?

どうやっても、このフレンチレストランの味付けをまねることはできない。
I cannot (duplicate) the flavor of this French restaurant no matter how hard I try.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お帰りなさい~。いいですねえバリ島。私はまだ子供がいない時に夫と一回いったことがあるんですが、その時はウブドでかご買ったりして(あそこはなんでも高いことを知らなかった(笑))インテリアもアジアンテイストにはまりました。そのあと「リピーターになるぞ!」と息巻いていたんですが。夢かなわずです(涙)

我が子を見ていていつも「子供の脳は柔らかい。その脳試験前に貸してくれ!」と何度も思いましたが、忘れるのも早いですよ(笑)うちの子供はバリバリに英語子育てしたはずなのになあ(涙)そんなもんです。続けないと意味ないですからね。だから大人になってからやり直し英語をやるのも捨てたもんじゃないと思います。

でも進歩のない私なんですがね・・・(汗)

angelさん

帰ってきてしまいました(笑)。同じ暑いにしても、リゾート地だと楽しいのはなぜでしょうね~。

angelさんもバリでアジアンテイストにはまったのですね!私は本当に東南アジアばかり旅行してるので、お部屋のインテリアはアジア一色です。今度こそイギリスに行きたいと思いつつ、中々夢かなわずです。

子供の脳は本当に柔らかいようですよね。友人の子供が日本で育ったのに、5歳になったらパキスタンに引っ越して(旦那さんがパキスタン人)すぐに日本語は忘れて現地の言葉覚えたそうです。で、7歳になったら日本に戻ってきたのですが、すぐにパキスタン語(?)は忘れて日本語に戻ったそうです。大人にはあり得ないですよね~。

でも子供のころに覚えた言語は発音がどこかしら記憶に残るらしいので、おそらく中学生になって英語また始めたら、吸収が早いのではないでしょうか?

いえいえ進歩がないなんて、ご謙遜ですよ~。絶対に前に進んでますよ!!!
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR