音読のやり方

ようやく涼しくなってきましたね~。ほっとしますね。
最近、ちょっとは心を入れなおして1週間のうち5日ほどは真面目に勉強するようにしています。(あと2日は・・・?)

基本は「読む」ことです。これがやっぱりベースです。ボキャビルやり始めて、更に読むことが楽しくなってきました!ボキャビルをいかに辛いと思わないで出来るか・・・読むことが楽しくなるか・・・この辺が1級取得への分かれ目かもしれないですね。

「英語を話せるようになるには何が効果的か?」これは永遠のテーマですよね(笑)。
私もangel組の組員で(?)、英語を話せるようになるには、国内英語学習者にとっては音読が鍵だと思っています。私の場合はどんなに英語を読み続けていても、音読をしないと話す能力がすぐに退化します。

どれくらいマメにやればいいのでしょうか?本当は、毎日音読すれば一番いいのですが、そこまで真面目ではないので、3・4日やれば自分を褒めてあげます。(自分に甘いです。)

素材ですが、やっぱり「NHKビジネス英会話」なんですよね。これが長さもレベルも私にはちょうどいいです。
1回でやりきったという満足感を得るには、1分くらいの長さが良いと思います。飽きっぽいので長い物は途中で嫌になってしまいます。

「NHKビジネス英会話」が難しい方は、有名な「音読パッケージ」シリーズはいかがでしょう?なかなかの良書です。この本に書いてある通りに学習すると、効果が絶対にありそうです。

インターネットを放浪して素材を毎回探すより、「これだ」ときめて本を買ったり、ポッドキャストのお気に入りの番組を音読するのが良いと思います。やることを決めて、ルーティンのようにやっていくのが、一番無駄がないです。

ポッドキャストでしたら、BBC six minutes English が好きです。ちょっと長いですが、使える表現や単語が満載です。でも1週間に1回くらいしか更新が無いのが寂しいですね。

BBC Learning Englishは色々素材が豊富です。ここから選んでも良いかと思います。

さて、私の音読のやり方です。

①全体を止めずに聞いてみる
②9割程度理解出来れば③に進む。理解度が低い場合は9割程度わかる位まで何度も聞く。
③1センテンスごとに音源を止め、まず原稿を見ないでリピーティングする。長すぎたり、知らない単語があって出来ない場合は原稿を見てリピーティングする。同じセンテンスを暗記できるくらいまで音読する。

*発音が不確かなものが含まれていたり、イントネーションやアクセントの位置があやふやなときは、わかるまで何度も聞き直す。
*初めての表現や単語が出てきた場合は、使い方を辞書で確認する。
*暗記するくらいまで何度も繰り返すことが重要だと思います。このときに、むやみやたらに音読するのではなく、オリジナルの音源と同じような箇所で息継ぎしたり、意味のかたまりに意識して音読することが重要。

④全体を原稿を見ないでシャドーイングする。置いて行かれることなくシャドーイング出来たら終了。ついていけない箇所があったら、そこをもう一度音読してから④にもどる。

これはあくまで目標としているやり方です。時間があんまり取れないときは、全部をやろうとせず、ビニエットの半分だけ暗記して終わりにすることもあります。

better than nothing (←大好きな言葉です!)

言い訳ともいえますが(苦笑)、細く長く続けるのも重要と思っています。

英語ブログを放浪していて、激しく同意する言葉に出会いました。
外国語の学習には「3き」が必要であることも確認しましょう。
1 やる気
2 暗記(正しい発音で,正しい大量の文章のインプット無しには正しいアウトプットはありえない)
3 根気


やる気、暗記、根気・・・・・やる気、暗記、根気・・・・・頑張りましょう!!!




スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

誰ですか?番長ですか?組長ですか?いやはや…汗。私は窓際族が好きです。しかも今は休職中ですから。なんのこっちゃ。

しかし、これ毎日できたら実力つきますよ~。ホンマに。

この音読って精読と精聴と多聴を兼ねたものだと私は思っています。一語一語を意識して音読すれば精聴になるし、全体のオーバーラッピングや何度もすれば多聴になる。シャドウイングは意味をとらえないととりにくいので、ディクテーションやポーズのリピートよりは不可が軽くて効果が少し薄いにしてもやっぱり効果があって、ディクテーションやリピーティングよりは続けやすいので、かえっていいような気が私はします。続けられることが大事ですからね。ちょっと楽なので続く。読解で精読と多読を両方するのに似ていて、しかも読解力もついていくと思います。「前から読む」癖が自然にできる。

もちろん、これaudibleを聴ける耳にしてくれるんじゃないかと思うんですが。どう思います?

素読するともっと読解の力がつくと思います。1文ごとに繰り返しとかね。最近は受験の長文問題も「20回読め!」なんてのもありますしね。

milkさんもおっしゃってるように「発音」にも大いに力を発揮すると思います。「真似」は言葉のはじまりですもんね。しかも単語単位じゃなくてリエゾンやイントネーションや、リズムに注意しないとオーバーラッピングはできてるようでならないです。何度も繰り返しすることでしか到達できない。

まさに言語は訓練なんだと音読をしていて思います。ずばりスポーツ。

それぞれに自分のやり方を確立してラジオ体操みたいにやることが大事なような気がします。いや私はラジオ体操が週に3日ぐらいですが・・・。

全部いっしょくたにできる音読はとっても効率がいいと思うんですが。訳がついてるのがやっぱり使いやすいですよね。

がんばってくださいね!私もがんばりたいです~。

いや、また油売ってしもた。仕事します(涙)

組員というより添削員な私です。はあ~。

angelさん

組長、お越しいただきありがとうございます!でもangel組って言うと、迫力ないですね(笑)

私も音読は色々と効果があると思っています。リスニング対策にも実は音読が一番いいんじゃないかと思います。そうですね、前から読む癖がつくので、読解力ももちろん養われますよね!

私がangel組の組員であることを名乗りたいのは、発音の向上に音読が良く効果があることをangelさんから教えてもらったからです!それ以外の効果はいろいろ感じていたのですが、angelさんのブログに出会うまでは音読が発音にまで影響を与えるとは思ってませんでした。リエゾンやイントネーションを意識して音読すること。この重要性がそれまでわかっていませんでした。

私は発音はネィティブのようにはできませんが、オンラインで会話するときやネィティブと会話するときに発音を注意されることはほとんどなくなってきました。もちろん、日本語訛ばりばりだと思うのですが、文の流れを意識すると本当に違いますよね。英語っぽくなります。それを習得するのに音読は本当に良い効果があると思います!!!(もちろん、まだまだ道半ば、いやいやまだ始めですが。)

真似は基本ですよね。いまフラダンスやってるのですが、やっぱり先生の動きを真似するところからです。そこから何度も自分で練習して、きっと何年かすると自分の踊りができるのだと思います。(実は5年くらいやってるのですが、まだ自分の踊りはできてないですが・・・。)

言語はスポーツや音楽やダンスと一緒だと思います。練習練習練習。真似しつつ、自分の練習スタイル築いていくしかないですよね~。

ぜひぜひ添削の合間に、また油売りにお立ち寄りください~。でも体調が一番大切ですので、頑張りすぎないで下さいね!!!

窓際が似合う男

MILKさん参考になる記事ありがとう!と書き込みに来たら、なんと師匠が先にコメントを!

ん~、ボキャブルと読みを楽しくするには、まだまだ私には時間がかかりそうです。あ、お勧めのASAHI Weeklyだけは読んでますよ。5月からなので、5ヶ月になりました。まだJAPANTIMES weeklyを継続出来る気はしないので、まだまだ読解のレベルは低いです。

音のある物と読みの組み合わせは、日々の学習の中に定着させられていないので、それを取り組みたいと思います。ご存知の通り、素材だけは何年分もたっぷりあるので、今回お二人が言われているやり方を取り入れてやってみたいと思います。

そうそう、私にとってのangel組というのはですねえ、
1組・2組と同じ組なのです!
だって師匠が先生なんですから。
MILKさんは、姉弟子であり、下級生を指導する上級生ですね。
そういうことで、引き続きご指導下さい。

Hiroshiさん

窓際が似合う男、ですか(爆)。いえいえ来年にはぜひ希望の部署に栄転されて、英語をバシバシ使ってください!!!

そうなんです。我らが師匠がコメントしてくれました!感激です!

Asahi Weekly私も毎週読んでますよ!世界情勢の記事は結構レベル高いですよね。他の記事は多読の代わりになりますし、文法やTOEICのコーナーも、役に立つこと多いです。基礎固めにもなるので良いと思います。私もあと半年くらいはAsahi Weekly読むつもりです!

読解はなかなか難しいですよね。訳せるけど、よくわからない、ということもあるかと思います。そういう時は英語なので、訳のちょっとだけ向こう側にあるものが見えてないだけなんですよね。日本語だと見えるはずなのに。上っ面だけを訳そうとしないで、作者の言おうとしていることを取ろうとして読むのが肝心かと思います。

ぜひぜひ音読取り入れてくださいね。意気込まないで、1日の量を低めに設定するのが続けるコツかもしれません。

Hiroshiさんにはangel組はそういうものだったのですね。私にはangelさんは教祖さまのような存在です(真剣)

いえいえ今後ともぜひぜひクラスメートとして、ご一緒に切磋琢磨していきたいです!
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR