言えそうで言えない表現

先日、イギリス人の同僚を連れて福島県の安達太良山に登りました。
彼は日本語を勉強中なので、登っている間、ほぼずっとlanguage exchangeしてました。
夫が(もちろん?)一緒だったので、日本語で話している時間ばかりでしたが、それでも朝から夜まで話していたので、色々と楽しかったです。

登山用語をちゃんと調べたことがなかったので、今まで適当に話していたのですが、通じていたので、それでよしとしていたのですが、ダメ出しが入りました。

日本のアルプスや本格的な登山は私はしないので(いつも日帰り登山なので)、登りをclimbというのは違うだろうなぁと思っていたのでgo up、くだりはdescendではなくgo downと言っていました。

本格的な登山だったら、やはり私が使っていたようりclimbとdescendで良いようです。でも安達太良山や私が普段するレベルの山登りだとwalk upとwalk downが相応しいようでした。うーん、go upはダメなのかな。今度アメリカ人にも聞いてみよう。

先日、うちの犬が9歳の誕生日を迎えたのでケーキを焼きました!ところが全く膨れなくて大失敗。その話をしようとしたときに“膨らむ”って何ていうんだ???

正解はriseでした!これは思いつきませんでした!頭に浮かんだのはswellとかexpandとかinflateとか・・・。いやぁお料理用語は苦手です。

崖から落ちる、なんて簡単な表現もちょっと考えてしまいました。普段話さないことは本当にスラっと出てきませんね。fall off a cliffが正解です。

安達太良山の山頂は森林限界の上にあるので木がありません。さて、森林限界は何と言うでしょう?
これは「限界」という日本語に引きずられてしまいそうです。正解はtree line
above the tree lineというように使います。

宇宙_convert_20130926154432

安達太良山は活火山なんですね。active volcano
この写真を見ると、その様子がわかるかと思います。
休火山はdormant volcano 富士山がそうですよね。このあたりの単語は準1でもでるかな?

車で行ったのですが、サービスエリアのことを、イギリス人はservice stationと言ってました。

外国で暮らしたことがないと、普段の生活を一緒に外国人と過ごすことがすごーく英語の勉強になります。
日本語が出来る外国人だと夫も嫌がらないので、彼となら大丈夫そうです。これからも色々誘ってみよう!
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR