英検1級からのスタート

2012年に英検1級取得 英語を使って何をしたいのか模索中デス

通訳案内士試験2次準備編 その3

えーと、あまり勉強が進んでいません(汗)
言い訳をすると、仕事が忙しく、またストレスがかかって勉強に集中できなかった・・・。

はい、本当に言い訳です。

でも唯一の収穫はA&Aでのレッスンです。
試験にでそうな質問をしてもらい、答えていくということを25分×4コマくらいやりました。

地理に関することだけじゃなくて、料理についても説明が下手だということが判明!
普段聞かれないことは本当に中々話せないですね。

今更ですが、幅広い話題についての知識を入れて、英語で話せるようにすれば良いと気づきました。
いや、もちろん、それがテストの目的なんですが、
要は満点はいらないということです!
沈黙しないように、かつ自信をもって、言えることをそれらしく言えるようにすればいいのです。
7割の出来でいいはずです。(勝手に7割と決めました。根拠は・・・ありません!
いや、おそらく7割もちゃんと話せないでしょう。
私の場合は5-6割をガイドらしい知識のもとで、あとの1-2割は「自信がありそうなガイドっぽい雰囲気」と「感じが良さそうな雰囲気」で割増ししたいところです。
こんなのでうまくいくのか甚だ疑問です。これを読まれている受験生の皆さん、マネしないでください。

ということで、あと1週間ですが、薄く広ーい知識をいれて、それを「それなりに」話せるように頑張ります。(結局、参考になりませんね・・・)

*****

話は変わるのですが。
先週はイギリス人相手に思いっきり叱りつけてしまいました(大汗)
あまりにも理不尽なことを言われたので、さすがにいつも天使でいる(?)私も悪魔にかわり(?)。

普通の会社とは特異な環境にいるので、自分の仕事の裁量は自分でコントロールできてしまいます。
極めて優しい私は(?)かなり細かいところまで面倒みています。
でもそれを段々当たり前と思われたりするので、匙加減が難しいところです。

相手がネイティブでも怯まなくなったのは、ひとえに英語を勉強している賜物です。
あとは色んな外国人と話す機会があるので、自分を主張することの必要性を日々感じているからだと思います。
(そして、助けてくれない上司が・・・モゴモゴモゴ)

でも英語力はまだまだです。カッカした気分になると、同じ表現を繰り返してしまいます。
ケンカでも負けない英語力つけるぞ~!
(あれ、何か方向が間違ってる!?)


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

MILKさん、怖いです~(泣)(爆)

英語で喧嘩ができたら最高ですよね~♪

そんなん私無理やな。。。(汗)

ところで。。。ガイド
二次試験、いつやったかいな。。。12月の初めごろの記憶が。。。合否結果が二か月先でなんてのんびりしてんのやと思ったものでしたが。。。(笑)

大阪の主婦さん

やっぱり怖いですか?(笑)
怒られたイギリス人は大慌てで弁解を繰り返し、お昼休み後にはチョコレートを持ってきました。

いえいえ、主婦さんだったら私以上に英語で喧嘩できると思いますよ♪
大切なのは気持ちを伝えようとすることですよね~。(たとえ怒りでも?)

はい、ガイド2次は今週末でございます。
やっぱりギリギリにならないとエンジンかからないようで、昨日から頑張ってます!
結局1週間漬けになりましたが、何とか合格勝ち取りたいです。

雰囲気って大事ですよね☆

お疲れ様です!毎日仕事されているのですから
そんな用意周到には出来ませんよね。

満点はいらない!!に賛成♪
そして、MILKさんの雰囲気であれば、「感じのいい女性」度と
「自信を持って説明する人」度はバッチリだと思います(笑)

音声で(変な言い方ですね)お話したのは一度だけですが、
すごく分かりやすい話し方でテキパキされていて
かっこいい!という印象でした。(私なんかが言うなって感じですが)
二次面接突破、陰ながら応援しています☆

いんこさん

いえー、私の場合、ねん出すれば時間は作れるはずなのですが、ついつい楽なほうに逃げてしまいます。落ちた時の言い訳を最初に作ってる感じです・・・。英検1級2次のときのような必死さにはなかなかなれません・・・。

お褒めいただきありがとうございます♪

実は学生時代に演劇やっていたので、演じることが得意なんですよねー。
なので「それっぽく」演出するのはどんな場面でもうまいです。
でも実は中身が無く薄っぺらいんです・・・。
それを打開したくて英語勉強してるんですが・・・・(汗)。

応援いただきうれしいです。
なんとか残りの期間で頑張ります!

こんばんは。
以前に何度かお邪魔させていただいた者です。コメントを残したこともあったかも。
てっきりこちらは洋書の紹介ブログだと勝手に思い込んでいましたが、
通訳の資格を目指して頑張っているんですね。素晴らしい。

私も先日、アラフォーでの就活で軽く9割強の応募が書類の段階で足切りに合う中で
久しぶりに面接までこぎつけましたが、見事なまでに木端微塵にやられて帰って来ました。
改めて思うんですが、「ハッタリ」というと言葉が悪いですが、Milkさんの言うように
「沈黙しないように、かつ自信をもって、言えることをそれらしく言える」のが一番大事かと。
それも立派な才能だし、ハッキリ言って「実力」や「その後の継続的努力」より大事かも。
とりあえずは試験や面接を突破して「実力」を発揮したり「その後の継続的努力」をする
機会を与えられなければ結局何も始まりませんからね。

ところで、笑うところではないのかもしれませんが、
「カッカした気分になると、同じ表現を繰り返してしまいます。
ケンカでも負けない英語力つけるぞ~!」
というのがツボにはまりました。
こういう場合は単純な表現で繰り返しまくしたてた方が元々効果的なのでは?
様々な英語表現を駆使されても、相手は感心はしても反省はしないような・・・。
そもそも
「イギリス人相手に思いっきり叱りつけてしまいました」
「怒られたイギリス人は大慌てで弁解を繰り返し、お昼休み後にはチョコレートを持ってきました」
というのであれば、このケンカは誰がどう見ても既にMilkさんの完勝なんですが・・・。
まさか完膚なきまでに叩きのめしたかったとか?
失礼ながら思い切り笑わせてもらいました。

ついついコメントが長くなってしまって失礼しました。またそのうちお邪魔させていただきます。

Idlerさん

コメントありがとうございます♪
覚えてます!確か去年の末頃にシャーロックホームズの件でコメント頂きました!
私もIdlerさんのブログお邪魔させて頂いてるのですが、トータルで美しすぎて、スキが見当たらず(?)コメント残せてなくてすみませんe-330

就活されているんですね。
確か子供時代はイギリスで過ごされてらっしゃったんですよね?(うろ覚えでスミマセン。)
ブログでも文章がとても上手ですし、考察もするどいし、色んなことを深く知ってらっしゃるし、いったいどんなお仕事されてるのか、実はとっても興味がありました。

ブログからは完璧!と見えるIdlerさんでも苦心されるんですね・・・。
本当に厳しい時代ですね。
ぜひ努力が報われて、望みのお仕事に就かれますように!!!

仕事をしていて「ハッタリ」は結構重要なスキル(?)かなぁと思います。
(たしかに、言葉は悪いですが。)
私の場合は派遣も含まれているのでレベルはかなり低いですが、面接は割と通ることが多いです。現在の職場でも、たまにある交渉事ではかなりの成果を出せてます。(でもこの交渉事も小さいことばかりです!)

でもやはり「ハッタリ」をするにも、そのバックにあるものに自分が信頼を置けないと、弱くなってしまいますよね。例えば今回の通訳案内士の2次を受けるにも、あまりにも基本的知識がないと、やはり自信の無さがどこかに見え隠れしてしまうと思うのです。(ということであと4日、知識を入れる勉強がんばります。)

笑って頂けて何よりです!
あの時は喧嘩というよりも、ただ単に「富士山が噴火した」だけでした。
大噴火ではあったのですが、5分で終わりましたが(笑)
えーっと例えば、「ダダをこねる子供」に「そんなに文句言うんだったら置いていくわよー!」と言ったら、「ママ、ごめんなさい、僕が悪かった」とベソをかきながらトボトボついてきた感じでした。
最初から前提条件が「ママ」と「その子供」だったので、勝利はもともと私にあったんでしょうね。
一体どんな職場かしらと思われるでしょうが、そんな職場です。

なるほど、単純な表現で繰り返したほうが効果的ですか。
それでは次回からも自信持って叱ってみます!?

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR