スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通訳案内士2次試験 攻略法!

受かってもいないのに、勝手に攻略法を書きます。(落ちてたら、後から削除します!?)

そしてこのエントリーは、親友が来年2次を受けることになると思うので、その親友と、英検1級に1月に合格して同じく来年通訳案内士を受験することになるHiroshiさんに捧げます!?

私が考えた攻略法。

1.広く浅いが、「それっぽい」知識を日本語と英語で入れる

とにかく範囲が広いです。昨日出されたお題をネットで調べると「新幹線について」「侍について」「19世紀における日本の大きな変化」などがあります。また通訳する文にいたっては「祇園祭」「日本の地形」に関することだったり、本当に幅広いです。

昨日出された通訳やカード問題で、私が話せなかっただろうなぁと思うものは無い気がします。1枚目のカードは「19世紀における日本の大きな変化」だったことを思い出しましたが、もしこれしか無かったとしたら、なんとか頑張ってスピーチしたと思います。富士山に比べると出来は悪いと思いますが、明治維新については一応、日本語と英語でイメージだけはしていました。

でもやはり、得意なものの数は多くしておいたほうが楽ですよね。

具体的に、知識の入れ方です。

①本を利用する
今回役だったのはこちら。

英語で日本紹介ハンドブック英語で日本紹介ハンドブック
(2009/08)
松本 美江

商品詳細を見る

そうです。Hiroshiさんがお勧めしてくれた本です!
これは秀逸です!
素晴らしい!
英語も覚えやすいし、適度な長さ(短くもなく、長くもない)なので、このテストにぴったりです。
テスト前はこればかり読んでました。

②上記の本で足りないもの。たとえば「三権分立」(日本の政治について聞かれた場合に備えました)、「東京都」(それ以外にも沖縄、大阪、東北地方、北海道、京都、奈良、四国、九州も調べました)とついて、wikipediaで日本語と英語、両方で調べる。

③ハローの元校長のブログに色々と資料を載せてもらえるので、プリントし、必要そうなところを読む。

このとき拘ったのが、
☆難しすぎる単語は覚えない。知っている単語に出来るだけ置き換えて頭にイメージさせる。
☆出来るだけ自分が興味ありそうなものを選んでいく。
☆年号は大きく違わなければそんなに問題にならないと思うので、19世紀とか、奈良時代とか、そんな程度で覚える。またどうせすぐ忘れるので、時代については直前(当日)まで覚えなくて良しとしました。
(例えば茶の湯が日本にもたらされたのは室町時代で村田珠光だが、そんなことは興味ないので、マーカーだけしておいて、直前にもう一度覚えなおしました。)

2.スピーチパターンだけを頭に入れる

例えばお題が「沖縄県」だとします。こういった地理がらみは
①まずロケーションを言う It is located ~
②特徴を言う (天候や地形) It belongs to subtropical region ~
③特徴を言う (人口や特産品) The major product is ~
④歴史を言う It was under "Shimazu" clan, a domain lord, until ~ 
⑤ツーリズムに絡めて何か言う It is a major tourist destination in Japan, because ~

お題が食べ物の場合は たとえば「しゃぶしゃぶ」だったら
①名前の由来 (擬音語でお肉をお鍋にいれて火を通すときの音)
②いつごろから食べ始められたか
③どうやって料理されるか、またどうやって食べるか
④どこでツーリストが食べられるか

こういう順番で話すんだ!ということだけを頭に入れておきます。スピーチの原稿は1本も書きませんでした!

3.A&Aで先生にスピーチを披露してフィードバックをもらう

25分×8本くらいやったでしょうか。これは多いにこしたことはないと思います。とくに受験することが決まった最初にやって、何がダメかを自分で分析することが大事だと思います。
文法間違いや発音間違いを指摘してもらえるのも大きいです。
A&Aのフィリピン人の先生無しでは無理でした!


*****

さて、昨日の富士山のスピーチですが、私が言った内容は・・・
1.場所
2.形と高さ
3.世界遺産に登録されたこと
4.日本のみならず世界各国から登山客があること
5.日本人には昔から愛されている山であることを説明(浮世絵などの話を持ち出した)
これだけ話しても2分に達してなかったので、富士五湖のことを言い始めたら時間切れ

構成としては5を3と入れ替えるべきでしたが、まぁ、緊張していたのでしょうがないでしょう。
最後に世界遺産に登録されて、それによる期待と問題点を言えば完璧だったかと思いますが、もともと完璧目指して準備してないので、これまたしょうがないですね。

*****

まとめ

①まずは各テーマについて5割の完成度を目指して、広く浅い知識をまず日本語と英語で入れる
②スピーチの構成パターンを作る(スクリプトはいらない)
③とにかくオンラインで練習
④③をやりながら各テーマについてや5割から8割程度言えるようにもっていく

(私は④については出来たものと出来ないものがありました。しかし、ここまでやると自信を持って試験に臨めると思います。→ハッタリがいらなくなります)


ご参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

コメント入れに来たら更新してた(爆)

試験方式が、ほんと、わたしがうけた時よりなんぼか難化してるわ~(汗)
それでもMILKさんはうかってるとおもうな~♪

この合否結果出るのが長すぎやろ(汗)

この二次試験頃は結構日本の文化、観光地、地形、常識が頭にはいてったのに、今は。。。。(大汗)

MILKさんのさらなる飛躍応援してますわ~!!!

大阪の主婦さん

試験方式、なんで変えたんでしょうね~。
その割には合格者を増やしたいらしいですが?
通訳の部分は多少仕事で「なんちゃって通訳」やってるのが役にたったかもしれません。

合格発表、誕生日なんですよ。
受験日はHiroshiさんの誕生日。
何か縁があるのかしら?

ほんと2か月は長いですよね。
きっと合格してても感激が無い気がします。

私の知識も付け焼刃です。きっぱり。
1か月でほぼ忘れると思います。
ガイドになるなら、すぐに合格証を発行して頂いて、せめて研修だけでも2か月以内に受けないと!

この資格取ったとしても、今一つ方向性が見えないんですよね。
(じゃあどうして受験したんだってことですが・・・。)
オリンピックがらみで、何かやりたいんですけどね・・・・。


Milk 姉さんへ

ありがとうございます!!!

どうしたんですか!? 怒涛の更新凄いですね~。

じっくり読みました。流石ですね、素晴らしい!! 

スピーチパターンは、大事ですよね。レギュラーのA先生のレッスンも少しスピーチ練習を
始めます。1次通るつもりなら、今から準備せねばと思った次第です。

他のスクールで、いつも取ってる先生と先週1回やったのですが、無茶苦茶でした。
1次までは少しずつ慣らしていきますが、そっからMILK姉さんを見習って集中します。




Hiroshiさん

通訳案内士受験した人のブログはとても少ないので、Hiroshiさんを含めお役に立てて頂ければと思いました。
やはり受験後の勢いで書かないと、ついつい後回しにして、結局やらないので・・・。

かなり気が重い2次受験でしたが、付け焼刃とはいえ、日本の文化を多少なりとも勉強して英語で説明できるようになったのは自分のためになりました。

今年は時間としてはそんなに自分の勉強に割いてないのですが、2次試験で自分の英語が「何とかなる」レベルにはきたのかなーと、うれしくなったと同時に、どうやったら「ネィティブ」に近づけるのか考えねばと思いました。

英検1級2次対策、ぜひ2週間に1回でもやったほうがいいと思います。エッセイにも良い影響がでると思いますよ!

私はあまりにも「短すぎる」準備でしたので、ぜひ今のままのペースで試験まで頑張ってください。寝正月はお預けですね!
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。