国際化は難しい

タイトル、大きく出ました

何度か書いてるように、職場には外国人が結構います。
また職場自体もしきりに国際化、国際化と言っています。
その割には英語が出来る人が少ないので、例えば代表電話に英語で電話がかかってきて、それがうちのところの外国人宛だとすると、確実に私の内線にまわってきて「○○さんへの電話です。」で、終わりです。私が休みだと、うちの外国人は電話を繋いでもらえないんです。

経理で現金支払いをしてもらいたいときに、外国人が受取人だからといって、一人で行かせると文句の電話がかかってきます。「外国人を一人で来させないで下さい!」

まぁ、そんなことは慣れてきたのですが・・・。

先週、トルコ人が2ヵ月の予定で来ました。
敬虔なイスラム教徒のようで、豚肉どころか、お肉は全て食べません。
そうすると食堂でのチョイスも少なくて、定番はお蕎麦かおうどんです。

ある日、そのトルコ人から言われました。
「インスタントのお蕎麦とかうどんには、つなぎでゼラチンが入ってると聞いた。ゼラチンは豚肉からできてるから、僕は食べれない。食堂のうどんとお蕎麦にゼラチンが入ってるかどうか確かめてくれ。」



それって、私の仕事ですか~???
ゼラチンがもし入っていても見えないからいいじゃない。(←そういう問題じゃないのはわかってるけど・・・。でも・・・。)

結局、食堂に電話してお願いして成分表を取り寄せてもらい、入ってないことを無事確認しました。
めでたく本人は安心しておそばとうどんを日替わりで食べていました。

そして、また数日後、
「Subway(ファーストフード)がこの辺にないか調べてくれ。」

Subwayはベジタリアン用のサンドイッチがあるんですよね。それは知っていました・・・。しかし食べ物の制限がある人が一人くると仕事が増える・・・。これじゃあ懇親会もやりたくない・・・・・。

先週の金曜の朝、彼からメールが来ました。
「昨日伝えるの忘れてた。金曜はお昼に教会に行かないといけない。職場の近くにはイスラムの教会がないから、東京の教会にいく。それから行くと2時頃になってしまうから、行かなくてもいいかな?」

毎週金曜日、来ないつもりですか~???

イランに行ったことのある同僚に聞いたら、イスラムでは金曜がお休みで教会に行く日で土曜が出勤日であることが多いようです。でも残念ながら日本では違うのよ・・・。


仲の良いアメリカ人の女性の研究者は敬虔なカトリック教徒。今日一緒にランチに行こうと誘ったら、「Lentだから、しばらく金曜日はお肉は食べれないから、他の曜日にしましょう。」と言われました。

Lent=四旬節
四旬節(しじゅんせつ)は、カトリック教会などの西方教会において、復活祭の46日前の水曜日(灰の水曜日)から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間のこと四旬節では伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されてきた。 (wikeから抜粋)


宗教って大変ですねー。日本人には中々理解し難いのですが、勿論、尊重してあげなければいけないものだと思います。
でも、その一人や二人のために、金曜日に大きなイベントを開催するのを止めることは難しい場合もあるし、お祈り用の部屋を用意するのも大変です。食堂も利益を上げないとやっていけないでしょうから、少数の人のためだけの特別メニューも限界があるでしょう。


一概に「国際化・国際化」といいますが、問題は言葉だけではないんですよね~。東京オリンピック、大丈夫でしょうか?
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ないない

あり得ない~!!
この背景はないでしょうーーーーー!!
普段はライブドアリーダーで読んでいるので気付かなかったけど、絶句です。
姉さんの場合、黒バックに赤い薔薇(とげ付き)か緋牡丹で決まり。(爆)

しかし、色んな国の人がいると大変ですね。
私の職場は純ジャパですが、フロアの反対側にアジア各国から来ている人達がいます。(姉さんとこ程アカデミックではないですが、そんな人達です。)

ある日トイレに行くと、洗面台に上がって足を洗っている人がいました。
ニコっと笑い「ハ~イ!」と言われましたが、私は「はい?」としか言えませんでした。

よくよく聞いてみると、インドネシアから来ているイスラムの方でした。
イスラムの習慣が一番馴染みがないからびっくりします。

色々おもしろい事が起こりそうで2020年まで飽きませんね。

No title

なんか昔、ジャパンタイムズweeklyでそんな記事読んだことある(汗)
ゼラチンがはいってるかどうかまで気にするから、

日本で外国人を受け入れる企業は宗教まで考慮しなあかんとか(汗)

うちの僕ちゃんのヘルパーさん関係でも、聴くんだけど、

障害のある子供を日曜日に「お出かけ動行」っていう知的障害の子供に同伴して、遊園地とか、電車に乗るとかのサービスがあるらしく、
うちは利用してないけど、

敬虔なキリスト教信者のヘルパーさんだと、
日曜は仕事しない


っていうので、ヘルパー事業所困ってるっていうてた(爆)

その人、日本人だけど(爆)

英語だけじゃなく、そういう多文化経験。。いいよね~♪(←苦労してるMILKさんのことはそっちのけでその環境があこがれる)

てことでがんばってください(←強引にしめ)

Hiroshiさんへ

何が「ないない」なのかと思ったら、このテンプレートですか~。
いまとっても気に入ってるので変えません(キッパリ)。

私って赤いバラが似合うの?やっぱり~!と喜んだら、「トゲ」付きですか!?
刺されたければいつでもどうぞ?って???(←いったい何のこと???)
じゃあ5月になったらバラにしますね♪

ほんとに色んな国から来るので事件にはこと欠きません。
今まで数人の「自称ビーガン」の外国人が、日本ではビーガンでいることは無理といって、雑食に戻っていきました。最初は私にいろいろと豆腐料理の作り方を聞いてきてたのに、1か月後にインド料理屋に一緒にいったら「チキンカレー」頼んでたり・・・。

イスラムではお祈りの前に足を洗うみたいですね!まだその場面を見たことはありませんが、絶句ですよね。
また職場の面白レポートしますね~。乞うご期待!?

大阪の主婦さんへ

ジャパンタイムズweeklyに載っていましたか!
どうもイスラムでは豚を食べると地獄に落ちると言われているとか・・・。
よほどタブーなんでしょうね。

フィリピン人も敬虔なキリスト教徒が多いようで、東京のカトリックの教会はフィリピン人ばかりだそうです。

これから介護職はアジアから人材を募るしかないような状況になりますよね。
そういったとき、ほんとにこういうことも問題になるでしょうね。
日曜日仕事しない・・・困りますね・・・。

多文化経験ですか。確かに面白いといえば面白いのですが、紙一重ですね(汗)
ビーガンの外国人が来たときは(今は雑食になりましたが)、とっても気を使って、外で懇親会やると食べれないものが多すぎだから、わざわざ我が家で開催して、天ぷら(野菜ばっかり)揚げたり、豆腐料理作ったりしたことありました。私はお肉が食べたいのに!!!

もうすぐ花見の季節で、毎年ラボで花見に行ってるのですが(もちろん私が企画して)、今年はそういった事情で言い出すのをやめようと思ってます(爆)

No title

Milkさん こんばんは
お仕事もいろいろと大変そうですね。
就職活動で国際交流関連の部署にも応募しているので、
この辺の話題は個人的に非常に興味のあるところです。
結論から言ってしまえば、日本では会社だけでなく大学や
研究機関でもまだまだ外国人を迎える体制作りが整って
いないんだと思います。
私も2つ、3つ面接まで行きましたが、不採用だったから
負け惜しみで言うのではなく、面接でお会いした人は
いずれも「この人が上司や同僚になっても全然頼りに
ならないな」、「これでは嫌な仕事を押し付けられるだけ
だな」と感じずにはいられない人達ばかりでした。
まあ、私も生来怠け者な上に人嫌いで実際採用されても
全然使えない人材なのであまり他人のことは言えませんが、
それにしてもこういうときには英語が周囲よりできるのも
考えものですね。変な仕事や用事ばかり回されて。
でも現在のお仕事に今後もずっと留まるのであれば、
こういった経験は絶対無駄にならないと思いますよ。
大変でしょうが頑張って下さい。

Idlerさんへ

コメントありがとうございます♪
Idlerさんのブログの更新が止まっているので、どうされているのだろうと思っていたところでした!
転職活動をがんばってらっしゃるところなのですね。

「国際化」については国の研究機関や国公立大学は一般企業の5年くらい遅れを取っていると思います。外資系とは比較にすらならない状態でしょう。
以前10年くらい前に外資系の企業に勤めていたときは(派遣でしたが)、外国人への対応のきめ細やかさに驚きました。(逆に外国人を甘やかしすぎてる様でしたので、それもどうかと思いましたが・・・。匙加減が難しいですね。)
私の現在の職場では、国からの予算が削減されているため、「国際化」をアピールしている一方「国際化」の部門のスタッフを減らしています・・・。

それでも私のいるところはとても恵まれているので、こんなことで文句を言ったら罰があたるのでしょうが、色んな人が来るのでついついブツブツ言ってしまいます。でも人から頼られるのは良いことと思い、出来るだけ助けていきま~す。

Idlerさんの転職活動、実るといいですね。
ブログ拝見してますと、私とは比較できないほどの英語力、そして文章の上手さや、色んなことへの造詣の深さが感じられますので、良い上司のもと、実力が発揮できるところに落ち着けますように!

ブログの再開楽しみにお待ちしてます。
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR