NHKラジオ英語講座 と グローバル英語

4月1日ですね~。 電車通勤でもしてると、新社会人が緊張した面持ちで通勤してるに出会ったりするのでしょうね。
自転車通勤しており、また、ゆったりとした雰囲気の職場にいると、4月1日も普通のworking dayと変わりがないです。

さて、4月になると、英語学習者は必ず(?)NHKのテキストに目が行きますよね。
なんといっても新しいタームが始まりますから!

先日、大阪の主婦さんからNHKのラジオ英会話と実践ビジネス英語が役に立つと思うか?
という問題提起を頂きました。

既に、あっこさんとのコメントのやりとりで、結論が出ているようですが(笑)、私なりに整理しようと思います。

いろーんな英語講座が溢れていて、ほんとにどれをやったら良いのか迷いますよね。
A子さんがニュースで英会話をやっていると聞けば、それも良さそうに聞こえるし、B子さんがラジオ英会話が普段の会話にすっごく役にたつというと、やったほうがいいかなーって思うし。

実際私も
実践ビジネス英語
ラジオ英会話
ニュースで英会話
攻略!英語リスニング

の4つを、月によってやったりやらなかったりしてます。

最近数か月続いているのが、いんこさんもやっている
ニュースで英会話の日英訳。
これは結構飽きずに続いています。

ラジオ英会話はテキストを買わないで、下記をやってます。
1.週の前半に、月曜から木曜分を一気にストリーミングで会話部分を聞き、使えそうなセンテンスのみをノートに書き写します。
2.暇なときに、書いたところを見直します
3.週の後半に、l金曜のストリーミングのみを聞いて復習します

ラジオ英会話はテキストがなくても、知らない単語はめったにでてこないので問題ないです。

実践ビジネス英語と攻略!英語リスニングはちょっと腰をあげるのが重たいときがあります。
なぜかというと、これは音読をしっかりやらないと、あまり意味のない教材かなーと思うからです。
ですので、これをやると決めた月はテキストを買って、ストリーミングを聞いて音読をするようにしています。

職場に去年のテキストが2冊おきざりになっていたので、アメリカ人の友人にちょっと見てもらいました。

ラジオ英会話については、『カジュアルでよく使う表現だ。これを覚えると実際にネィティブと会話するときや、ドラマ見るときに役にたつね。』とのこと。

実践ビジネス英語については、『オフィスなどで普通に使える表現。英語も自然だし、良いテキストだねー。』と言ってました。

もちろん、テキスト全部をじっくり見たわけではないので、全てが良く使う表現ではないのかもしれません。 でも、ざっと見た印象が良いということは、総じて優秀なテキストなのでしょう。

ここからは、自分がどれを選ぶかですよねー。
日常、英会話を必要としないのであれば、オンライン英会話やface to faceの英語教室などで、時事問題を話すことのほうが重要なのかもしれません。 また、ちょっとした英会話の場合は、ほんとに短いセンテンスで終わることも多いので、英語での話の組み立て方の練習にはならない場合が多いんじゃないかと思います。 普段、ネィテイブなどと話す必要もそんなになく、今は語彙力や表現力を増やして、大人の英語を楽しみたい場合は、ラジオ英会話に時間を割く必要もないのかもしれません。

実践ビジネス英語や攻略!リスニング英語は、トピックが面白いので、それを楽しみつつ勉強するにはいいですよねー。 実際に、今回感想を聞いたアメリカ人と以前話しをしたときに、これらの番組で覚えたフレーズを彼女が使っていた場面も多くありました。 

私の今の目標は
1.時事問題や、社会的な問題に多く触れることで、総合的な英語力をあげる
2.ネィティブと話す機会もあるので、自然な英会話力をあげる

と両方あるので、最初に挙げた4つのテキスト、どれも役に立つように思います。

当面の優先順位は今までとかわらず
1.ニュースで英会話の日英訳
2.実践ビジネス英語 or/and 攻略!英語リスニングの音読(暗誦)
3.ラジオ英会話
となります。

ただ、2については、例えばラィティングに時間を割きたいとか、リーディングに集中、というときには省くことがあると思います。(実際にここ数カ月はやってませんでした・・・。エコノミスト読んだり洋書読みばかりでした・・。)


あっこさんと大阪の主婦さんのコメントのやりとりで、グローバルな英語について触れていました。
私の職場では色んな国の人がいるので、まさにグローバルな英語が必要とされています。

英語力は人それぞれですが、私以外はIQが異常非常に高かったり、また子供のころから英語教育をしっかり受けている人もたくさんいます。 流暢にしゃべる人もたくさーんいます。 ラボの私以外の日本人2人の英語力も、一般的なレベルから見ると、ものすっごく高いです。 しかし、こういった人たちは自分たちの興味の分野で英語力を磨いているため、英会話力はそこまで高くはない人もいます。 アメリカ人と一緒に話しているとき、普通の会話では私しか理解してないという場面もたま-にあります。 こういったときは、洋書読んだり、ドラマ見たり、NHKのラジオ英会話やビジ英のお蔭だなって思います!

また、このアメリカ人の同僚が、どの程度平易な単語を使うかは、そのときいるメンバーによって変えているように思えます。 私よりも英語力が低い人が入ると、彼女はかなりゆっくり話し、単語も明らかにシンプルなものを使います。 しかし逆に、もう一人ネィティブや英語力が格段に高い人が加わった瞬間、スピードがものすごくあがり、句動詞や難しい単語を使います。

私は日常的にグローバル英語で行われる会話とネィティブ英語での会話を経験してるようです。(←今頃気付いた!)

するとやはり目指す英語は、最終的にはネィティブ英語に近い物にならざる得ないのです・・・。ネィティブ数人に囲まれるシチュエーションをイメージしたいorイメージせざる得ない状況であれば、そこに行きつくのではないかと思います。

逆に、そういったネィテイブとのインタラクションが現実のものとして想定しづらい場合、目標がグローバル英語であるべきかなと思います。


と、考察したものの、週末からお花見&買い物&お食事会などが続いていて、勉強を全くしていません・・・。
来週から頑張ります!(←ほんとか!?)


スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR