時間の作り方&読書記録

この洋書を聴き終りました~。



title: The Curious Incident of the Dog in the Night Time
author: Mark Haddon

耳読書したのですが、おそらく子供がスピーカーだと思われます。また、お芝居仕立てになっていて、他の登場人物もそれっぽい人が話すので(お母さんのところは中年女性と思われる人等)、引き込まれて楽しいです!

ストーリーもシンプルながら、要所要所で驚きがあります。

イギリスでの話なのですが、とある夜中、15才の自閉症の少年クリストファーは、父と二人暮らし。母は少し前に病気で亡くなってしまったからです。ある夜、近所の芝生で犬が殺されているのをクリストファーが発見。警察官がきて、彼から事情を聴こうとします。身体に触れられる事が大嫌いな彼は、その警察官が体に触れると思って殴ってしまい署につれていかれてしまいます。

父が迎えにきてくれたので、警察からは解放されたものの、犬殺しの犯人を知りたいクリストファーは一生懸命に探そうとします。その冒険が進むにつれ意外な人物が犯人だったり、思わぬところに事件の真相が隠されていたのが表面化したり、飽きることなく物語は進みます。

決してお涙ちょうだいなわけでもなく、大感動に溢れる話でもないのですが、なんというか、心温まるお話です。

*****

さて、年始から新しくやっていることがあります。
大したことでもないのですが、朝出勤前に腹筋とヨガ(またはストレッチ)を合計10分程度やっています。
朝の忙しい時間に、そんな時間を捻出できないと思っていたのですが、絶対にやると決めると、これが出来るようになるんですね。もちろん、今までの通りの朝のルーティンをそのままもってくると10分は捻出できません。重要なのはプライオリティを考えて、重要な順番に行動することです。

また、時間を短縮するために色々と工夫することも出来ますよね。私の場合はお弁当作りと掃除をいかに効率的にするか工夫しました!

お弁当作りは、まとめて1週間分ご飯を炊いて小さいタッパーに入れて冷凍することにしました。おかずも完璧に作ろうとしないで、夕飯の余り物だけを持って行って、足りないと思ったら食堂で小さめのおかずを買い足したりしています。

掃除は朝完璧にやろうとしないで、例えばお風呂掃除は入浴中に気付いたところを掃除したり、玄関も犬の散歩から帰ってきたときにぼろ雑巾で床等を拭いて、そのままゴミ箱に捨てるようにしています。

「時間がないから出来ない」=「それは重要と思っていない」

ということなんですよね。


*****


さてさて相撲の初日に外国人の友人と夫と国技館まで出かけました。天覧試合でしたので、天皇皇后陛下を拝見できました!相撲はなんだかんだいって6回目かな?力士の入り待ちの時間と場所も心得ています。今回は鶴竜を間近でみれました~。やっぱり大きい!

016ad59bd9a4c951a31e608d9ee9cf724aecfbe3e7_(2)_convert_20170117163811.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
この本も良さそうですねぇ☆私もちょうど少年と犬が出てくる本を読んでいましたw
発達障害や自閉症の子が出てくる物語って日本の本より外国の本の方が多いような気が
するんですが。しかも男の子や男性が多い。ハートウォーミングな本は疲れないし、寝る前に
読むのにちょうど良いですね。

「時間は作るもの」耳が痛いです。。。忙しいMilkさんが言うと説得力あります!
ほんとそうですよね。時間ってほっといたらどんどん逃げていきます。
自分から確保しないとダメですね。見習います!!!

いんこさんへ

いんこさんも少年と犬の本ですか!感想楽しみにしていますね。
確かに発達障害や自閉症の人はいつも男性か少年ですね。
どこかで自閉症は男の子に多いと言う記事を読んだことがあります。

今読んでる本はミステリーっぽいので寝る前に読む気がしません(爆)
ほんとに読む本はTPOを考えたほうがいいですね!

いやー私もストレッチと腹筋だけは必要性をものすごーく感じてるので頑張ってるだけです。
やっぱり今の自分にとっての優先順位でしかやれないですよね。
だらけると英語はホントに趣味英語だけになってしまいます。それだけで今のところ生きていけるから・・・
レベルアップをしようと思うと、優先順位を引き上げることをしないといけないんですよね。

わかってはいるけど・・・。

ちなみに、いつも私の低優先順位に位置しているものは音楽を習うこと、洋裁教室にいくこと、演劇をやることです。
どれも興味はものすごーく高いのですが、何せ時間が(言い訳・・・)・・・。
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR