洋書2冊読みました


title: The Letter
author: Kathryn Hughes

実はこの本を読むのは2度目でした。本棚の整理をしていて、確かこの本面白かったはずだと思って自分のブログの記事を探したのですが出て来ませんでした。面白かったはずなのに、内容がわからない・・・ということでもう一度(笑)。

もともと読み易い本なのですが、2度目だったので更にサクサク読めました!

舞台はイギリス。家庭内暴力の夫から逃れようと思うものの、中々実行に移せないでいるTina。ある日、彼女はリサイクルショップにおいてあった男性のコートから、ある女性宛の手紙を見つける。その手紙は投函されることなく、封をされたまま。この手紙とTinaの行先が絡み合う・・・

めちゃめちゃ面白いです。登場人物の数も少ないので話もシンプルです。あまり洋書読みは得意じゃないという方にも良いのではないでしょうか?最後はもちろんハッピーな気持ちになれますよ

そしてもう1冊は耳読書で大好きな作家、Jodi Picoult

title: Small Great Things
author: Jodi Picoult

こちらもとても良かったです。結末は中々の驚きでした!ちょっと無理があるといえば、ある終わり方ですが、人種差別とはどういうことなのか、一石を投じる作品になってるとも思います。

しかし、現代のアメリカで、未だに黒人に対してこんなに人種差別があるのかと驚きました!話は長く、また裁判用語や医療用語が色々と出てくるので、洋書初心者向きではないかもしれません。

簡単にストーリーを紹介すると

主人公は産科病棟に勤務する黒人女性ルース。模範的な40代の看護婦です。そこに人種差別者の夫婦が、自分たちの赤ちゃんにはルースが指一本触れてくれるな!とすごい勢いで要請します。そのリクエストを受け入れる病院側。なんと、その赤ちゃんの様態がある日急変して一刻を争う状態になってしまいます。そこに居合わせたのはルース一人。さぁ、彼女の取った行動は?

物語が終わった後に、作者のあとがきがあるのですが、それも良かったです。映画化されそうな話のような気がしますが、さぁ、どうでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR