14:12:34
24

ネィティブの壁

土曜の夜に、友人のアメリカ人の家に招かれました。
お菓子作りの得意な彼女のもと、一緒にアップルパイを作り、その後夕食を食べながら映画を見ようというもの。友達がとっても多いので、その日も総勢12人くらい集まりました。
日本人は3人だけで、アメリカ人が2人、あとはヨーロッパ人とアジア人。
初めての人とも英語で臆すことなく話せるようになったのですが、アメリカ人の2人が話しているときは、会話に加わろうという意欲がわいてきませんでした。
彼女の英語は慣れているせいもあってわかるのですが、もう一人の男性とは初対面。
また他のヨーロッパ人も皆英語が得意なせいもあって、そのアメリカ人の男性は手加減なく早くしゃべります。
職場にはそのアメリカ人の女性と、もう一人イギリス人がネィティブとしているのですが、その二人が話しているときは、気心がしれているせいもあって、なんとか会話に加わることができます。
(でもこのイギリス人の同僚は、田舎出身なので英語がすごーく訛っていて、わからなくなることもしばしばですが・・・)
やっぱりネィティブの英語は違いますよね。
先日A&Aでネィティブの先生の授業を受けたのですが、彼女の英語に慣れるまで10分くらい必要でした。
訛っているわけではないのですが、早いので普段のフィリピン人の先生の授業以上の集中力が必要で、またレスポンスも早くしないとー、と切り替えに時間がかかりました。
今教えていただいているフィリピン人の先生方は教え方が上手なので、メリットが沢山あります。
でもやはりネィティブとの時間が必要なときにきているんだな、と感じます。

さて、また1冊聴き終りました。
今回も楽しくて、あっという間に終わってしまいました。

Something BlueSomething Blue
(2010/03/30)
Emily Giffin

商品詳細を見る


今回もangelさんのブログを参考にさせて頂いて購入しました。

お気に入り度:★★★★★
難しさ:★☆☆☆☆

難しさが1といっても100%の理解ではありません。残念ながら。
平均すると9割くらいでしょうか。
something borrowedの続編ですので、そちらを先に聴かれることを絶対お勧めします!
chick litなら楽しんで聴けることに自信が持てたのですが、Lord of the ringsに、いざ挑戦しようかな~、とまだポチッとできないでいます。
でもせっかくだから聴こう!だめだったら本も買えばいいや~。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment