今年読んだ本 その2

今年読んだ本の記録です。

こちらの本に出会えたことは本当に幸せです。
Only Time Will TellOnly Time Will Tell
(2011/09/01)
Jeffrey Archer

商品詳細を見る


お気に入り度:★★★★★★
難しさ:★☆☆☆☆(1~1.5くらい)

とっても気にいってるのでangelさん式に赤でしかも最高5個のところを6にしてしまいました。
内容はangelさんのブログでご確認ください(笑)
angelさんに私のこちらのブログのリンクを貼っていただいたのですが、この本のことは書いていなかったことを思い出しました。

とっても読みやすいのに壮大なスケールで描かれているのが気に入った理由です。
逆境に負けず、立派な大人に育っていく物語。
そこに恋愛や戦争や家族や、いろーんな要素が詰め込まれていって、ドンドンはまってしまいます。
angelさんがおっしゃってるように「ありえない」と思えるところもありますが、ま、それは小説なので、それもまたよしと(笑)

これが連続ものと知らずに買ってしまったので、読了時点では(3月末)次巻がまだ日本のアマゾンでは手に入らなくて、しかもUKからだと2000円くらいするし、何日か結構待たなくてはいけないし、じゃあ、この機会にkindle買ってしまおう!と次作はkindleで読みました。

The Sins of the Father (Clifton Chronicles)The Sins of the Father (Clifton Chronicles)
(2012/11/27)
Jeffrey Archer

商品詳細を見る


お気に入り度:★★★★★
難しさ:★★☆☆☆

ものすごーく期待して読み始め、あっという間に読了しました。
これも面白かったです。
アメリカに渡ってしまった主人公に待ち受ける試練。
ただちょっと読みにくかったのは苦手な戦争のシーン。
それからなじみのない、貴族世襲制度(?)。
このあたりがちょっと苦手でした。
でもこれまた続きがあるとわかるエンディングで、ある意味落胆しました。
だっていつまで待たなきゃいけないの~!!!
ジェフリー・アーチャーは結構なお年ですしね。
ちゃんと書き上げてくれるかな、という不安。

第3巻はangelさんと耳読書しまーす。
来年の今頃か?

ジェフリー・アーチャーは波乱万丈の人生を歩んでいるようです。
投資に失敗して多大な借金を負ったかと思ったら、議員になったのにスキャンダルで失脚しただけでなく投獄されてしまい、果てには監獄にいたときに経験をもとに本を出したりもしているようです。(この経験がthe sing~にも生きているようですが・・・)
イギリス人の友人にジェフリー・アーチャーの本が面白いと言ったら、鼻で笑われました。
インテリな友人の趣味ではなかったようで、残念でした・・・。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も読みました

こんにちは、

私も読みました。今、二巻目です。本当に面白くて、読んだら止まらなくなりますね。今、すみれの世話に追われて、読む時間が限られているの愕然と辛いところです。

Audreyさん

コメントありがとうございます!

ジェフリー・アーチャーは本当に読者を引き込むのが上手ですよね!第3巻が待ち遠しくてしょうがないです!

すみれちゃんのお世話でお忙しいとは思いますが、お時間ありますときに過去に読まれた洋書や、英語の勉強法など伝授下さい!
プロフィール

Milk

Author:Milk
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR