2013_12
08
(Sun)21:23

通訳案内士2次試験 受験記

とうとう受験してきました!通訳案内士2次試験!
無事に1次に合格していたものの、今年から2次試験の形態がすっかり変わり、本格的なものになるというので、とっても気が重かった3週間がようやく終わりを告げました(感涙)。

来週から旅行に行くので、皆からいいなーと言われていたのですが、全くそんな気分になれず、この時期に旅行を計画したことをプチ後悔。でも終わったもん!1週間だけど準備を楽しもう。

それはさておき・・・忘れないうちに受験記を。長くなりますので興味のある人だけどうぞ。

始まりは2日前の金曜日。夕方4時30分。
ようやく思い出しました。
「はっ、私、受験票が無いんだ!確か持って来いって書いてあった!」
ど・どうしよう・・・。受験できないのかな?
と・とにかく電話しよう。まだ開いてるかな・・・。
ちょうど職場に誰も居なかったので(私、ついてる!)ホームページに書いてあるところへ。
「すみません。受験票無くしちゃったんですが、どうしたらいいですか?」とおそるおそる聞くと
「えっ、無くしたの?受験番号教えてください。」
「えっ、えっと・・・。たぶん○○○ですが、今職場なのでわかんないんです。」と言うと、
「えつ、わかんないの???しょうがないですねー。うーん、、、当日10分くらい早く来て、そのむね、現場の人に言ってください。」
・・・大丈夫そうだ!

そして本日。
用意周到な私は(どこが!?)、2時半に会場集合にもかかわらず、12時に最寄駅に着きました。
何をするためかというと、もちろん最後の暗記のためです!!!
次の記事で詳しく書こうと思いますが、2分って結構長いので、やはり色々知識が無いと話せません。
そんなわけで、もともと弱い日本の文化についておさらいをスターバックスでしました。
1時間半やったら、飽き飽きしてきたので、試験会場に行きました。
集合より大分早いですが、早く行ったら、早く受け付けてくれるかな~、早く終わったら、デパート寄りたいな~、ルン♪♪♪(←どこか楽観的)

その期待は見事に打ち砕かれ、どうやら各枠に集合の人は同じ問題のようで、徹底的に行動を管理され(トイレも随時付き添いがいました。しかも携帯持っていかないかチェックされてました)、終わってからも控室に閉じ込められ、帰宅したのは6時でした(涙)

2時前に会場について、自分の番が回ってきたのは4時。解放されたのは4時45分。疲れました・・・。
待ち時間もほとんど必死に復習してました。
たとえば茶道について2分スピーチするとしたら、村田珠光が日本にもたらし、千利休のときに完成され・・・とか。神道と仏教がどうして一緒に信仰されるのか、についての説明を考えたり・・などなど、不安要素が沢山あったので待ち時間も有効活用してました。でも待機場所が4か所もあったのにはびっくり!移動するから、ようやく試験かなって思ったら、次の待機場所に連れて行かれただけで拍子抜け。

で、お待ちかねの試験内容です。
試験監督はネィティブの50歳くらいの男性。白人。理知的。タイプでは無いけど、良い人そうです。
男性で良かった~。私はどちらかというと男性と話すほうが気楽です。もう一人のアシスタントの女性は60歳くらいか?品のある素敵な方でした。


名前と番号を言うように言われ、そのあとすぐに試験の説明。

まずは通訳問題。
メモとペンが横にあるので、使っても良いので、言われた文を英語に訳せよというもの。
もちとん日本人の女性が、比較的ゆっくり話してくれました。
確か内容は
「日本人が好きな余暇の過ごし方には、旅館で温泉に入ることがあります。温泉は病気を治す効果があるとも言われます。また美しい山々を見ながら温泉に入ることをとても楽しみにしている人もいます。」
というようなことだったような・・・。

結構ゆっくりだったので、かなりの単語をメモしました。英語と平仮名でとりました。
1分以内で通訳するようにと言われましたが、かなりスラスラ話したので時間はあまったはず。
今思い返してみると、時制を間違えたのがあったかな・・・。
あとは緊張してたので、飛ばしたところが無かったかな・・・?あったような気がしますが・・・。
出来栄えは・・・よくわかりませんが、私だったらこの部分は合格にするな~♪(←どこまでも自分に甘いです。)
6割か7割が合格ラインだったらいいんですが・・どうなんでしょうね?

そしてその次は、いよいよスピーチに移りました。
カードを3枚渡されて、そこから1枚選びます。
選ぶところからスピーチ準備まで30秒。さきほどのメモとペンを使ってもよいとのこと。

1枚目のカードは・・・
覚えてない!!!
たぶん「これ無理」って、速攻却下だったんだと思います。

2枚目のカードは・・・
「絵馬について」
これは・・・最後のカードがダメだったらこれだな。それに昨晩覚えたばっかり♪でもちょっと苦戦しそう。

3枚目のカードは・・・
当たりくじでました!!!
日頃の行いがいいですね~。
「富士山について」
これについて何を言ったかは次回また書きます。
かなり早口でスラスラと話してしまったので、いろんなこと言ったのにちょっと時間が余ってる感じだったので、しょうがないから「富士山の周りには5つの湖があって」と言ったらtime is up.すぐにそこで打ち切りになりました。

続いて、私のスピーチに対してのQ&A.
まずは
「いま、富士5湖といいましたが、その湖の名前をあげれますか?」
「はい、えーと5湖は思い出せませんが、精進湖、山中湖、河口湖があります。」
「全部じゃなくて結構です。ではその湖の中で、旅行者にお勧めはどこですか?」
「精進湖の水面に映る富士山は一見の価値があります。また春に行くと、河口湖の湖畔では桜が楽しめ、富士山と桜という最高の景色の組み合わせが見れます。」
「さきほど富士山が世界遺産と言いましたが、ほかにお勧めの世界遺産はありますか?」
「京都にある17のお寺と神社がお勧めです。また奈良にある東大寺も世界最大の木造建築で、また有名な仏像も見ごたえがあります。」
「最近、和食も世界無形遺産に選ばれましたが、和食の素晴らしさとはどこにありますか?」
「和食で有名なもののひとつに懐石料理があります。懐石料理はもともとは茶道の前に出されたシンプルなお料理でしたが、いまでは懐石料理を出すレストランがありますので、気軽に楽しめます。これらのお料理は自然の食材を生かした味付けで料理され、またひとつひとつが小さな器で美しく盛られて提供されます。これらはとても自慢できると思います。」

・・・以上で終わりました。

スピーチはまずまず。
QAもまずまず?
緊張していたので、間違った表現を使ったと思いますが、言ってることは伝わったはず。

これで落ちてたら・・・。
考えるのは落ちてからにします。

明日は、私が効果があったと思う、2次対策法を!
2013_12
01
(Sun)20:50

通訳案内士試験2次準備編 その3

えーと、あまり勉強が進んでいません(汗)
言い訳をすると、仕事が忙しく、またストレスがかかって勉強に集中できなかった・・・。

はい、本当に言い訳です。

でも唯一の収穫はA&Aでのレッスンです。
試験にでそうな質問をしてもらい、答えていくということを25分×4コマくらいやりました。

地理に関することだけじゃなくて、料理についても説明が下手だということが判明!
普段聞かれないことは本当に中々話せないですね。

今更ですが、幅広い話題についての知識を入れて、英語で話せるようにすれば良いと気づきました。
いや、もちろん、それがテストの目的なんですが、
要は満点はいらないということです!
沈黙しないように、かつ自信をもって、言えることをそれらしく言えるようにすればいいのです。
7割の出来でいいはずです。(勝手に7割と決めました。根拠は・・・ありません!
いや、おそらく7割もちゃんと話せないでしょう。
私の場合は5-6割をガイドらしい知識のもとで、あとの1-2割は「自信がありそうなガイドっぽい雰囲気」と「感じが良さそうな雰囲気」で割増ししたいところです。
こんなのでうまくいくのか甚だ疑問です。これを読まれている受験生の皆さん、マネしないでください。

ということで、あと1週間ですが、薄く広ーい知識をいれて、それを「それなりに」話せるように頑張ります。(結局、参考になりませんね・・・)

*****

話は変わるのですが。
先週はイギリス人相手に思いっきり叱りつけてしまいました(大汗)
あまりにも理不尽なことを言われたので、さすがにいつも天使でいる(?)私も悪魔にかわり(?)。

普通の会社とは特異な環境にいるので、自分の仕事の裁量は自分でコントロールできてしまいます。
極めて優しい私は(?)かなり細かいところまで面倒みています。
でもそれを段々当たり前と思われたりするので、匙加減が難しいところです。

相手がネイティブでも怯まなくなったのは、ひとえに英語を勉強している賜物です。
あとは色んな外国人と話す機会があるので、自分を主張することの必要性を日々感じているからだと思います。
(そして、助けてくれない上司が・・・モゴモゴモゴ)

でも英語力はまだまだです。カッカした気分になると、同じ表現を繰り返してしまいます。
ケンカでも負けない英語力つけるぞ~!
(あれ、何か方向が間違ってる!?)


2013_11
25
(Mon)13:34

通訳案内士2次試験準備編 その2

心配していた合格通知も無事届き(受験票はあり変わらず見つかりませんが・・・)、あとは勉強するのみ!!!

2次を受験するんだよーと、いうと、皆に「Milkさんは大丈夫だよ~。ハッタリきくし~。」
と言われるのは、何故?
心当たりありませんが・・・。

英検1級の2次を1回で切り抜けたので、確かに「火事場のばか力」はあるかも、とは多少思ってましたが、A&Aで模擬問題をやってもらったら、そんな甘い考えは打ち砕かれました((+_+))

基本的にガイドとしての知識が足りない。面白いこともいえない。ダメじゃ~ん

サンプル問題で「京都について地理・地形・気候」について2分話すというのがありました。
京都の地理について知ってることなんて、本州の真ん中くらいに位置していて、夏はとっても暑い、以上、デス。
お話にならないですよね(号泣)

そんなわけで、インコさんがブログに2次対策を書いてくださったように、まずは日本語で知識を得ることだと思いました。同時にインコさんがお勧めして下さった本を1冊購入、もう1冊については教材屋さん(Hiroshiさん)から関連するものを頂きました。

あとは勉強するのみです!

でもテストは自分の弱点を強化するのにいいですね。
地理や気候について普段話したり音読したりしてたことが無いので、ものすごく話すのが苦手なことがわかりました。聞いている分にはわかるけど、自分で再現が出来ないんですよね。

やっぱり音読すべしデス!

hinode.jpg

週末は夫に連れられ、奥多摩の大岳山をハイキングしてきたのですが、帰りに日の出山荘という『ロン・ヤス会談』が行われたところに行ってきました。

ハイキングで疲れ果てていたので一刻も早く帰りたかったのですが、お出かけ好きで雑学博士の夫に連れていかれました。中々良いところでしたが、これで入場料300円は高い!(←主婦ですからね!)

来週末は勉強するぞ、と言いたいところですが、映画の日だから、映画見にいきたいな。
試験まであとちょっと、頑張ります。(←言ってることが噛み合いませんが・・・・)
2013_11
18
(Mon)18:07

通訳案内士2次試験準備編 その1

先週はほとんどの同僚がアメリカに出張に行っていて幸せでした~。
で、こんなお土産もらいました。
america.jpg

この左側のお菓子、Twizzlors、激マズです!
どうしたらこんなお菓子が出来上がるのか不思議・・・。
そしてアメリカ人の舌はやっぱりおかしい・・・。
100% unnatural food です。
100% 添加物で出来てます!
ほんの一カケ食べただけで気分悪くなりました。
これをイギリス人が買ってきた・・・。
右のドリトスは美味しそう♪
でも袋が超大きいんです。日本では売ってないサイズだ。

ところで今日から通訳案内士の2次対策をすることにしました。
多くの方にご心配を頂いているので(?)、真面目にやるようにするために忘備録的にやること記録します。(続くかは甚だ疑問ではありますが・・・)
また、後に続くHiroshiさんのご参考になるといいのですが。

***

通訳案内士の1次試験を受けるときに、ほぼ100%の受験生が知っていたと思うのですが(私は受験後に親友から教えてもらって知りました・・・)、2次試験が12月8日。(私は2月だとばっかり思ってたんですよね・・・)

しかも内容が今年から一新されるという!

通訳+プレゼンテーション とのこと!
うぁぁぁ。出来るのか?

今日はプレゼンについて。
どんなことをやるかというと・・・
①3つのお題から好きなのが選べるらしい
②2分しゃべるらしい
一見、1級2次と同じですが、でも構成なんかはどうでもいいんじゃないかと思います。
大事なのは「日本に良好に来た外国人」に「そのお題について内容がありそうなことを話す」ことじゃないでしょうか?

「内容がありそうなこと」を話さなくてはいけないので、ある程度の基礎知識がないと、さすがに話を膨らませることが出来ません。

と、いうわけで、当分は試験に出そうな無いようについて、英語で短い文章でもいいので話せるようにすること!ですね。これを積み重ねていけば、おそらく2分は話せるはず!?

3週間切ってるので、頑張って試験対策を中心にやります!

でも、実は大きな不安が。

私が電話で聞いた自分の受験番号は、本当に正しかったのだろうか?
一度聞いただけで、メモも取らなかったんですよね~。

これで不合格が送られて来たら、何事も無かったようにブログはもとに戻るのでご容赦下さい。
2013_11
15
(Fri)22:32

超短期決戦の成果

うれしい頂きものです~。
1452020_10200834485891757_437259081_n_convert_20131115215301.jpg

これ見て、今日は疲れているから・・・と言い訳できません!がんばります!!!
ありがとうございました♪♪♪

さて、今日は通訳案内士1次の発表日。
受験は初めてではなく、たしか2007年ごろ1度受けて、英語のみダメだったという・・・。
そして今回は、その英語は免除。まぁ英語免除で楽できるので再受験試みようと思ったのですが、「思った」だけで、「やる気」にならなかったのです。最後の最後まで・・・。

まずは受験申込からひどかった!
6月の第3(?)月曜日だったかな、その辺が締切だったんです。インターネットで申し込み出来るようになったと思ってたので、最終日になったらやろーっと思っていました。(←やる気ゼロに近いですよね!)
とにかく勉強する気分が無かったので、ずーっと放っておいたのですが、締め切りの前の金曜日の夕方、やっぱり最終日に申し込むのは流石にまずいよね、と初めてHPを確認。

すると英語免除の人は直接持って来いというようなことが書いてある!

じぇじぇじぇ!!!

今は金曜の4時半。締め切りは月曜の夕方・・・。

上司に急用ができたと言いつくろい、月曜の午前中半休取ることになんとか成功。そして日頃乗らない満員電車に、願書を出しに行くためだけに乗りました。バカすぎる、わたし・・・。

教訓。やるべきことは早めにやろう。(←それが昔から出来てれば、もうちょっと立派な人生になってた?)

しかしその教訓は試験勉強にもまったく生かされず、8月上旬になってもまったくやる気がしない。
手元に教材はそろっているし、なんと親友が今回受験するので、いざとなったら教えてもらおう!
そうそう試験の直前に職場が夏休みだし、そこで集中すればいいのよ~。
どこまでもやる気にならない私でした・・・。

そして本当に試験1週間前まで何もしませんでした!

でも、そこから頑張りました!やれば出来る!ご飯と掃除と犬の散歩以外はまじめに勉強しました。5日間。前回受験したときのうっすらとした記憶とヤマ勘で、当日の試験は予想通り「すべての教科で合格か不合格のギリギリライン」という感触でした。

どうせ合格かわからないラインなので、あえて(?)答え合わせもせず、待つこと今日の発表日。

いざ、HPへ!

お、番号が出てる!私何番だっけ???

受験票どこだっけ?

どこだっけ?

どこだ?

どこ?

・・・探すこと1時間。(ちなみに今日は午後買い物予定で休暇取ってました。)

無い!無い!無い!

電話したら、受験番号教えてくれるかな?物は試し、聞いてみよっと♪(←超お気楽気分。)

「受験番号わかんないんですけど~。」私。
「あ、そうですか。生年月日とお名前教えてください。」事務局。(←教えてくれるんだ!やった!待たなくてすむ!)

PCに戻って再確認。結構ドキドキする。

「あ、あった~!!!」

合格しておりました!!!超短期決戦、成功しました!超短期決戦の詳細は、2次試験が終わったら綴ります。ご拝読ありがとうございました。

ということで、月曜から勉強します。たぶん・・・。(←今日は無理・・・明日も明後日も、たぶん試験勉強は無理。)
«